せっかく痩せたのにまた太った


ダイエット後の恐ろしいリバウンド。体重計の数値を見て大喜びした1か月後に、体重計の数値を見て深く落ち込んだ、なんてよく聞く話です。

 

実はリバウンドするかしないかは、ダイエットに取り組む前から決まっています。あるポイントを気にしながらダイエットに取り組めば、リバウンドはほぼ100%防止することができます。それは当たり前のポイントなんですが、ダイエット中はうっかり忘れてしまっている人が多いです。このページを見て思い出してみてはいかがでしょうか。

 

 

リバウンドする人の特徴

リバウンドする人は、「ダイエットを期間限定のイベント」だと捉えています。目標期間のあいだに痩せたら、ダイエット前の生活に戻ります。脂肪が溜まっているころの生活に戻るわけですから太るのも当たり前です。

 

太ってもまた痩せればよいという考えで、期間限定ダイエットに取り組んでいる人もいます。しかし厳しい食事制限で痩せるダイエットは、基礎代謝を低下させ脂肪を落としにくくします。リバウンドを繰り返す人は、食事制限に取り組むたびに痩せにくい体を自ら作り出しています。

 

 

リバウンドしやすい人の性格

今の自分が大嫌いな人

自分の何もかもが嫌だ、自分に自信がない、自分ではない他人になれるならば今すぐなる、そんな人はリバウンドしやすいです。すぐに結果を出したいと願う人は、効果のある激しいダイエットに取り組みます。今の自分から逃れたいあまりに、厳しいダイエットに取り組めば、結果体を壊すことに繋がります。

自分が自分を嫌っていることを自覚し、焦る心を制御しましょう。気持ちのまま行動してしまうと、後戻りできない結果になるかもしれません。

 

熱しやすく冷めやすい人

大体の人が「熱しやすく冷めやすい人」に該当するでしょう。全世界の人々が発明王エジソンのような好奇心と忍耐力があれば、科学はもっと発展していたはずです。つまりは地球人のほとんどがリバウンドしやすいとも考えられます。

それではその中でなぜ痩せた体形を持続できる人と持続できない人がいるのかといえば、それは「自分をコントロールできる術にいかに長けているか」という点が違います。やる気を出すご褒美の設定方法、嫌なことがあったさいのモチベーションのあげかたなど自分の操縦がうまい人は、痩せてもスタイルをキープし続けることができるのです。

 

 

リバウンドしないダイエット方法


ダイエットは一生の取り組みです。激しい運動を伴うダイエットや、厳しい食事制限のあるダイエットなど。あなたが長期間続けられないと考えるダイエットは、すべてリバウンドする可能性があります。

身体を傷めるランニングや筋肉トレーニング、ひたすらカロリーを制限する考え無しのレコーディングダイエットなど最もたる例です。

しっかり食べて、最低限の運動を行い、消費カロリーを超えないように摂取カロリーを調整すれば身体は痩せるように出来ています。その事実を無視し極端なダイエットに走る人は多く、ほとんどの人はダイエットに失敗しています。「続けられるダイエットに取り組む」、ダイエットではこの考えがとても大切です。

 

 

まとめ

ダイエットは長期間取り組み続ける習慣です。そのため負担が少なく長期間続けられるダイエットであれば、リバウンドすることはまずありません。

現在、続ける自信がない人も自信を作ることができます。それは自分が続けられる「スモールステップ」から取り組むことです。まずはスクワット5回からでもよいので毎日取り組みましょう。1ヵ月続けることができれば小さな自信がついているはずです。

しかしほとんどの人間は飽きっぽい生き物です。続けられないからといって自分を責めることだけはやめましょう。それよりも飽きないためにモチベーションを保つ自分の操縦方法を知っておくとよいでしょう。