ダイエットで大切な3つのポイント

ダイエットの成功のポイントは「食事制限」と「運動」だけだと思っていませんか。確かにその2つをこなしていれば、脂肪を燃焼させることができます。しかしさらに効率よく痩せたいのであれば、「代謝を上げること」にも取り組みましょう。

代謝を上げれば消費カロリーが増え、脂肪が燃焼されやすくなるうえに、リバウンドもしにくくなります。今回はダイエット中に取り組める代謝をあげる方法をご紹介します。

筋肉トレーニングに取り組む

代謝を上げる有効な方法は、筋肉トレーニングに取り組むことです。筋肉を増やせば、自然と基礎代謝が増えます。

またダイエットで脂肪も減らすと、同時に筋肉も減ります。筋肉が減ると代謝が落ちるため、ダイエットが進めば進むほど脂肪は燃えにくくなります。筋肉を減ること事態は止められませんが、筋肉トレーニングを行えば筋肉の減少量を抑えることはできます。

筋肉トレーニングは1日1分でも取り組めば効果が表れます。わざわざ運動のために時間を作ろうとはせず、家事の合間や仕事の合間の隙間時間に気軽に取り組むようにしましょう。

 

ビタミンとたんぱく質を多く摂る

筋肉を増やすことは代謝を上げる有効な方法です。筋肉を増やすためには、筋肉のもととなる栄養を摂取しなければなりません。そして筋肉のもととなるのは、たんぱく質です。

またビタミンB群は脂質や糖質をエネルギーに変換する他、たんぱく質の合成に深くかかわる栄養です。

たんぱく質とビタミンB群、この両方を多く含んでいるのは、お肉やお魚です。たんぱく質やビタミンB群を手軽に摂るためにも、缶詰めや乾物なども有効活用しましょう。

 

血液や酸素など全身のめぐりをよくする

空気や血流のめぐりをスムーズにすることも、代謝をあげる方法です。身体のめぐりがよくなれば、栄養の吸収と排出が活発になり結果的に体内の運動量が増えます。

血流をスムーズにするためには、有酸素運動やストレッチなどの運動、そして生姜やシナモンなど体温を上げる食品を取ることです。

そしてリンパの流れをスムーズにするためには、マッサージが有効です。また酸素の循環を活発にするためには、腹式呼吸を意識しゆっくり呼吸をするようにするとよいでしょう。

代謝を上げるためには、ただ「運動」や「食事制限」に取り組むだけではいけません。ビタミンやたんぱく質を多く摂る「食事の管理」、そしてストレッチや筋肉トレーニングの「バランスがいい運動」を考えなければいけません。

つまりスムーズに脂肪を燃焼させるためには、今まで取り組んでいた「運動」や「食事制限」のワンランク上を目指さなければいけません。