有酸素運動は生活の質向上にかかせません!

ダイエットでは短時間で効果が出る筋肉トレーニングに注目が集まっています。確かに体をスマートなメリハリのある体型になるという点では筋肉トレーニングのほうが効果的。

しかし有酸素運動はそれ以外の点のメリットもあります。

有酸素運動のメリット

 

メリット①よく眠れる

2013年のアメリカのアンケート調査では、よく眠れている人は運動習慣のある人が多いという結果でした。

さらにウォーキングのような有酸素運動のほうが、高負荷の筋肉トレーニングのような無酸素運動よりも、寝つきがよいことや深いノンレム睡眠の時間が増えることが分かっています。(参考文献:内田直, 2013, 好きになる睡眠医学-眠りのしくみと睡眠障害第2版)
質のよい睡眠には、最初の入眠が大切だということは以前取り上げたことがあります。有酸素運動は質の良い睡眠を手に入れるための、効率的な方法なのです。

ただし寝る直前に運動をしてしまうと、興奮状態になり入眠の邪魔をしてしまいます。運動は就寝3時間前にすませましょう。

 

メリット②気分転換になる

生活習慣の改善に関わったり、精神的に落ち着くホルモンとしてセロトニンがあります。このセロトニンはウォーキングやランニングなどの有酸素運動によって分泌を促せることが分かっています。
大体運動開始後、およそ5分でセロトニンが分泌し始めて30分くらいで分泌のピークに達するといわれています。そしてそれ以上増えることはありません。

 

メリット③集中力を復活できる

起床後は人間がもっとも集中力がある時間帯です。起きたばかりの脳は感情も悩みもないまっさらな状態のため、集中がしやすいのです。実際に起床2時間以内に仕事をしていただくと分かるのですが、日中3時間かかったことが30分ですむことがあります。
この集中力が午後にあれば、どれだけ仕事がこなせるか考えたことはありませんか。

 

睡眠以外で集中力が復活できるのは、30分程度の運動です。短時間の運動よりも30分の運動のほうが統計的に健康によいことが分かっています。筋肉トレーニングで30分の運動は厳しいので、こなすのであれば自然と取り入れやすい有酸素運動になります。

有酸素運動の魅力が伝わったのではないでしょうか。

 

メリット④身体全体の脂肪を落とせる

身体の部位を引き締めるのに効果があるのは筋肉トレーニングですが、全体の体重を減らすのはやはり有酸素運動です。

体重は標準だけれどぽっこりお腹や弛んだヒップが気になるという人は、筋肉トレーニングを積極的に取り入れるべきです。しかし体重が標準値をオーバーし全体的に太っている人は30分以上の有酸素運動をおすすめします。

身体全体をスマートにするには有酸素運動がベストです。

 

 

有酸素運動は「ながら運動」でこなそう

メリットだらけの有酸素運動ですが、最大の難点は時間がかかることです。脂肪燃焼が効率的に始まる時間は、運動開始から20分後。無酸素運動の筋肉トレーニングであれば、複数回のセットが完了している時間です。

 

またウォーキングなどの外出は、汗で落ちるメイクや紫外線や運動中の服装など女性ならではの悩みがつきないものです。どうせだったら家で有酸素運動ができたらいいのに。そんなことを思いませんか。

そんな方たちにおすすめしたいのが「ながら運動」。テレビを見「ながら」、読書をし「ながら」できる運動です。これなら忙しい人にぴったりです。運動に集中するより効果は落ちますが、それでも運動しないよりは健康によいです。

忙しい現代人にぴったりな「ながら運動」をいくつか紹介します。

 

テレビを見ながらできるながら運動

足踏みダイエット

文字通り、その場で足踏みをするダイエットです。

ポイントは地面と平行になるように太ももをしっかり上げること。ウォーキングでは恥ずかしくて姿勢よく歩けないという人も、足踏みダイエットでは姿勢を意識して行えるのでヒップアップに効果的です。テレビを見ながら気楽に行うことができます。

昇降台を使っても効果的です。

 

本を読みながらできるながら運動

気楽に場所を取らず行える足踏みダイエットは魅力的ですが、スマホでネットサーフィンや読書はしづらく、転倒の危険があるためおすすめできません。

引用:AMAZON
もし読書をしながら運動をしたいのであれば、おすすめはフィットネスバイクです。これであれば本を読みながら運動することができます。

ただし購入資金や設置場所がない方もいるでしょう。代わりに提案するのは「足漕ぎダイエット」です。「自転車漕ぎ」ダイエットともいわれています。

 

寝ながら行えるので、本に集中していても転倒の心配はありません。息抜き代わりに有酸素運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

ダイエットには無酸素運動が効果的!でも・・・

確かに体を引き締めるダイエットでは筋肉トレーニングのような無酸素運動をおすすめします。

しかしダイエットを生活の一部と捉えるのであれば、身体を引き締める以外に集中力改善や気分転換にも効果がある有酸素運動を積極的に取り入れるほうがよいでしょう。
理想としては無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて運動です。時間がないという人は、今日は有酸素運動の日、無酸素運動の日と分けて行うのがよいでしょう。有酸素運動ができる時間がまったくないというのであれば、短時間でこなせる無酸素運動一本に絞る他ありません。

 

無酸素運動・有酸素運動それぞれメリットがあります。その日の体調や気分に合わせて毎日コツコツこなすのがストレスも溜まりにくいです。