寒い季節はホットサワーダイエットがおすすめ

健康のためにお酢は飲んでいるけど、ダイエット効果は感じなかったという人。

お酢を冷たいままで飲んでいませんでしたか。お酢を冷たいままで飲んでしまうと、体が冷えてしまうので逆効果。しかし「ホットサワー」であれば、末端の血行をよくし深部体温をあげるという研究結果もあります。

 

秋分も過ぎ、これからはどんどん寒くなってきます。ホットサワーで体の内側から温めてみてはいかがでしょうか。

 

 

お酢を温めるだけででなぜ痩せるの

 

お酢にはクエン酸やアミノ酸など60種類以上の有機酸が含まれています。クエン酸は疲労物質の分解もしますが、摂取した糖分をエネルギーに変える働きもします。
このエネルギーの変換がうまくいかないと、糖分は脂肪として身体に蓄えられてしまいます。
いわば脂肪は「エネルギーに変換しそこなった糖分」といえます。

 

糖分をエネルギーにスムーズに変換してくれるクエン酸は、余分な脂肪をため込まないように防いでくれるためダイエットにつながります。

 

ホットサワーを飲むのは特にお風呂上りが効果的です。お風呂上りで身体が温まり、内臓が活性化している状態であれば、クエン酸の働きをさらに高めることができます。

スムーズなエネルギー変換は代謝もあがるということ。代謝がよくなれば美肌や健康にも効果があります。

 

 

ホットサワーダイエットの方法

ホットサワーの作り方は非常に簡単。
大さじ1杯のお酢に対し、100ccのお湯を注ぎます。飲みづらい場合は、ハチミツなどを入れてまろやかにするとよいでしょう。

 

クエン酸などの有機酸やアミノ酸が多く含まれるのは、合成酢よりも醸造酢です。合成酢でも効果はあるのですが、おすすめは醸造酢です。
しかし人によっては酸っぱいのが苦手という人も多いはず。そういう人は、無理に醸造酢を飲むより飲みやすい合成酢でダイエットしましょう。

 

注意点は2つ。空腹時には飲まないことと、1日1杯までです。
お酢は刺激物ですので、空腹時に飲むと胃腸にダメージを与えてしまいます。
カロリーもあるので飲み過ぎに注意。特に甘味が加えられている合成酢はそこそこのカロリーがあります。1日1杯までに抑えましょう。

 

 

お酢にはたくさんの種類があります。人によっては酸っぱいのが苦手という人も、リンゴ酢やバナナ酢ならばまろやかで飲みやすいです。色々試せるのがホットサワーダイエットの魅力でもあります。
ご自分に味覚にあったお酢を探してみてください。