冬はダイエットに向いている季節


冬は実はダイエットに最適な季節です。恒温動物である人間は、身体を温めるさいエネルギーを消費しています。寒くなればなるほど、温めるためのカロリーが必要です。夏と冬では同じ運動量でも、消費カロリーは冬のほうが高くなります。運動しても汗をかきにくいので、メイクくずれがおきないのも冬のダイエットの嬉しいところです。

 

 

身体を冷やしたらいけないとは?

一方で「身体を冷やしたらいけない」という言葉をよく聞きます。具体的にどこを冷やしたらいけないかといえば、それは身体の内側、つまり「内臓」です。内臓が常に冷えている状態だと「低体温」だといわれています。

 

低体温はそうでない人に比べて血やリンパのめぐりが悪いです。めぐりが悪いということは、栄養の循環や老廃物の排出がうまくいっていないということ。エネルギーは脂肪となって体にとどまり、老廃物が溜まりシミやシワができやすくなります。低体温は美容にも悪い状態です。

 

 

内臓を温める方法

 

運動量を増やす

コップに入った水が勝手に動きだすことはありません。同じように体内の血液やリンパも「ポンプ」のようなものがなければ、身体をめぐることはなく重力に従い足元に溜まることになります。ではこのポンプの役割を果たすものが何かといえば、それは「筋肉」です。筋肉を動かすと血液や栄養を体にめぐらせるポンプとして働きます。散歩程度でもよいので、筋肉を動かしてあげましょう。

 

食生活を見直す

ダイエット中は、身体を冷やしやすいといいます。その原因は「カロリー不足」。身体を温めるエネルギーが不足しているからです。ダイエット中でも最低限のカロリーだけは摂取するようにしましょう。

 

DIET GENIUSならば、痩せるために必要な摂取カロリーを簡単に計算することができます。計算結果未満のカロリーしか摂取していなければ、エネルギー不足で低体温が起きている可能性があります。

 

自律神経の乱れ

低体温のほとんどの原因は、ホルモンバランスの乱れだといわれています。規則正しい生活を意識すれば解決できる場合がほとんどです。まずは睡眠からみなおしてみてはいかがでしょうか。

 

冷たいものを摂らない


冷たいものを食べたり飲んだりすると、当然ながら内臓は冷たくなります。スムージーなども体を冷やす原因になるため、なるべくなら野菜たっぷりのスープなどに切り替えるとよいでしょう。

 

外側から温める


内臓を冷やさないためには、外側から体を温めるのも有効です。できるだけ効率的に体を温めるためには、太い血管が通っているところを重点的に温めるとよいでしょう。
場所は「首」「両肩甲骨の間」「腰」「へその下」「ふくらはぎ」がよいです。寒い時期にホッカイロをその場所に貼るとより効果的です。足先の冷えに悩んでいる人も、その上の「ふくらはぎ」を温めるようにしましょう。足先を温めるよりも効果的です。