そのダイエット方法ホントに正しい?

痩せようと決意しダイエットを頑張っているのに「何か違う」と感じることはありませんか。もしかしてそのダイエット方法はあなたに合っていないのかもしれません。

 

 

自分に合っているダイエット方法は一人一人異なります。合わないダイエット方法に取り組み続けると、結果が出ないばかりか体調不良などを引き起こすおそれがあります。取り組んでいるダイエットに違和感を抱いたら、すぐに計画を修正しましょう。

 

 

今回はダイエット方法を見直すポイントを3つご紹介します。

 

 

ダイエットを続けているのに効果を実感できない

ダイエットを続けているのにいまいち効果が出ないという人は、そのダイエットを続けていたら確実に痩せられるか想像してみるとよいでしょうお。

 

 

小さな我慢に見合わない大きな減量効果を期待していませんか。ダイエットは取り組んだ分だけ効果がでます。痩せたいぶんだけ食事制限や運動に取り組まないと、理想的な体形になることはできません。

 

 

また過激な食事制限でストレスをため、間食にお菓子をドカ食いしていたりしませんか。無理な食事制限や運動は、あとからドカ食いや体調不良などのしわ寄せがきます。それらのアクシデントを含めて、最終的に痩せることができるか考えてみましょう。何かしらの不安材料がある場合、計画を立て直すことをおすすめします。

 

 

結果は出せるのにリバウンドを繰り返してしまう

リバウンドを繰り返す人は、現在取り組んでいるダイエットを一生続けられるか想像してみるとよいでしょう。ダイエットで怖いのがリバウンドです。リバウンドを引き起こさない最も簡単な方法は、現在取り組んでいるダイエットを一生続けることです。

 

 

精神的にも肉体的にもつらいダイエットに取り組んでいませんか。続けられないダイエットならば、確実にリバウンドすると考えてよいです。

 

 

短期で結果を出せれば嬉しいですが、長期的に結果を出し続けることはそれ以上に重要です。長期的に続けられない激しいダイエットに取り組んでいるのならば、続けやすいメニューに変更することをおすすめします。

 

 

計画は完璧なのに取り組む時間がない

時間が確保できず、なかなかダイエットに取り組めないということはありませんか。料理を作る時間がない人は、ヘルシーな食生活は外食に頼りましょう。自炊に比べると栄養や値段などの不安はあるものの、時間がないのを理由にして何もはじめないよりはマシです。

 

 

また運動時間がないという多くの人は、運動をするためには30分~1時間の時間確保が必用だと思い込んでいます。筋肉トレーニングやヨガやストレッチなどは、5分以下の時間でも取り組むことはできます。そして効果的に取り組めば、短時間でも効果があるトレーニングです。

 

 

痩せて美しくなることも大切ですが、生きていくうえでは仕事や人付き合いなども重要です。優先するべきことを優先しながら、痩せる計画を立てていきましょう。