置き換えダイエットはリバウンドしやすい?

食事を特定の食品に置き換えることで痩せるダイエット「置き換えダイエット」。手軽で始めやすく、確かな効果があることから人気があるダイエット方法です。

 

ただし効果とは裏腹にデメリットも数多くあるダイエット方法です。今回はデメリットの発生を防ぎ、置き換えダイエットで健康的に痩せるポイントについてご紹介します。

置き換えダイエットとは

バナナなどの食品を朝・昼・夕のどれかの食事と置き換えて食べるダイエット方法です。朝バナナダイエットで大きなムーブメントを引き起こしました。この他トマトやヨーグルトなど様々な食品の置き換えダイエットが提案されています。

 

 

置き換えダイエットの種類

  • ダイエットシェイク
  • スムージー
  • 寒天
  • ヨーグルト
  • 冷めたおにぎり
  • 燃焼スープ
  • おかゆ
  • トマト

 

 

置き換えダイエットのメリットとは

置き換えダイエットの最大のメリットは摂取カロリーを抑えられること。摂取するエネルギーが1食分抑えることができるため、そのぶん体内に蓄えられているエネルギー、つまり脂肪が燃焼されやすくなります。

 

 

1食置き換えたら残り2食はいつもの食事で問題ないため、ストレスも少なくて済みます。体重を減らすという点では、数あるダイエットのなかでは最も効果的で即効性のあるダイエットなのではないでしょうか。

 

 

置き換えダイエットのデメリット

デメリットは1食分の栄養が摂れなくなってしまうこと。栄養は体を動かすだけではなく、ホルモンを分泌させたり肌を作ったりと様々な働きがあります。栄養が足りなくなると、脂肪が落ちづらくなったり肌が荒れてしまったりする恐れがあります。
また置き換えダイエットをやめた場合、摂取するカロリーもダイエット前に戻ってしまうためリバウンドしやすいです。

 

 

さらに置き換えダイエットは、摂取カロリーを減らすことで身体の脂肪を燃やす効果がありますが、身体を鍛える効果はありません。痩せたとしても、身体全体が一回り小さくなるだけで、たるんだヒップやお腹が引き締まることはありません。

 

 

置き換えダイエットを成功させるポイント

 

ポイント1「置き換えるのは朝ご飯」

3食のなかで、大体の人が最も多くのカロリーを摂取するのは夕食です。そのため即効性だけを求めるのであれば、夕食を置き換えたほうがよいでしょう。

 
しかしやめてしまったらリバウンドしやすいという置き換えダイエットの性質上、痩せた体重をキープする場合、置き換え続けるしかありません。夕食を置き換えた場合、ずっと置き換えダイエットを続けることはつらいです。1週間や1ヵ月我慢できたとしても、その後何年もそんな食生活を続けるイメージは湧きづらいのではないでしょうか。

 
置き換えダイエットにもし取り組むのであれば、朝食を置き換えるのがおすすめです。夕食の置き換えに比べて即効性は落ちますが、長期間続けやすくなります。

 

 

ポイント2「残り2食で栄養バランスを整える」

1食分の食事を置き換えるのであれば、残り2食で崩れた栄養バランスを整える必用があります。野菜やたんぱく質を積極的に摂取するようにしましょう。

 

 

ポイント3「適度な運動を取り入れる」

痩せるだけではなく理想的なプロポーションを手に入れたいのであれば、隙間時間に筋肉トレーニングを取り入れることをおすすめします。美しい肉体は筋肉を土台として作られます。