ダイエット成功の秘訣はスケジューリング

仕事もダイエットも「時間内に決められた行動をする」という点では同じです。効率よく仕事をこなすためにスケジュールを立てることが大切なように、ダイエットでもスケジューリングは大切です。

 

 

限られた時間内で痩せられるよう、あらためてスケジューリングのコツについて見直してみましょう。

ダイエットスケジューリングのコツ①ダイエットタスクを決める

スケジューリングの第一歩はするべきタスクを決めることです。痩せるために何に取り組むべきか、ある程度決めておきましょう。考えるべきは「運動」と「食事療法」の2つです。

 

 

「運動」ではどんな運動に取り組むべきか考えます。毎日ダイエットでどれくらい時間を割けるか決め、時間にあった運動方法を考えます。効果が高いからといって苦手な運動に取り組んでも長続きしません。有酸素運動でも無酸素運動でもダイエット効果はありますから、好きなことに取り組むとよいでしょう。

 

 

「食事」も同じように、毎日どれくらいの時間を使うことができるか決めましょう。時間がかかる自炊にこだわる必用がありません。コンビニやスーパーで惣菜を購入してもよいです。大切なのは限られた時間のなかで、どのようにダイエットに取り組めるか考えることです。外食中心の食生活でも、カロリーや栄養面を考えた惣菜を買うようにすれば十分健康的な生活を送ることができます。

 

 

ダイエットスケジューリングのコツ②優先順位を決める

ダイエットの確かな結果を求めるのならば、日々こなすべきたくさんのタスクのなかで、ダイエットの優先順位を高くする必用があります。
家事や仕事や遊びなど、人生をよりよくするためにできることはたくさんあります。サボっても周りに迷惑をかけないダイエットは、優先順位を低くなる傾向があります。確かな結果を出したい場合、ダイエットの優先順位を自分のなかで高く設定しましょう。

 

 

優先順位のあげかたは、まずはするべきことしたいことのタスクを一覧化するとよいでしょう。その一覧のなかで、「生活にかかせないタスク」(家事や仕事)は優先順位が高いものとして仕分けます。「生活にかかせないタスク」をなくすと、趣味や勉強などの「したいことタスク」が残ります。これらの「したいことタスク」よりも「ダイエットタスク」を優先するように日々取り掛かると、ダイエットのために時間をかけられるようになります。

 

 

ダイエットスケジューリングのコツ③隙間時間でこなすことを決める

毎日忙しい人でも、5分や10分という手持無沙汰な時間は必ず発生するはずです。短期間の減量を求めるのであれば、この隙間時間もダイエットタスクの消化に使用するのがおすすめです。
突然の隙間時間が出来たときのために、短時間で取り組めるトレーニング方法をあらかじめ調べておきましょう。