ジムの魅力は短時間で体を鍛えられるところ

理想的な体を目指すためにはジムに通いはじめたけど、何をしたらよいか分からず足が遠のいているかたはいませんか。結局多くの人が使っているウォーキングやサイクリングマシンに落ち着くのですが、「自宅でもできる運動のためにジムに通うのはもったいない」と退会してしまったという方も多いはずです。

 

ジムは自宅でもできる有酸素運動で1~2時間も滞在するところではありません。短期間でも効率よく体を鍛えられる器具が集められた施設です。ジムを利用して短時間で体を鍛えるポイントをご紹介します。

 

動的ストレッチで体を温める


運動前はストレッチで体を温めると、身体を痛めにくくなります。ストレッチと聞くと前屈や開脚をゆっくりと体を伸ばすストレッチを思い浮かべますが、これは「静的ストレッチ」といって体を休ませるストレッチです。静的ストレッチよりも動的ストレッチのほうが効率よく体を温めることができます。運動前は動的ストレッチか、もしくは有酸素運動で全身を温めてあげるとよいでしょう。

 

 

 

 

 

脂肪を効率よく燃やせる有酸素運動は水泳


筋肉トレーニングのように苦しい運動で体を鍛えるのは向いていない、有酸素運動でゆっくりと体を鍛えたい、という方はプールがおすすめです。水泳は水圧で全身を鍛えることができるウォーキングやランニングに比べ効率が良い有酸素運動です。1時間ゆっくり水中ウォーキングするだけでも360kcal程度のカロリー消費が見込め、通常のウォーキングよりも多くのカロリーを消費できます。

 

 

短時間でジムで鍛えたいなら筋肉トレーニングがおすすめ

ジムに長く滞在できない方は、短時間で体を鍛えられる筋肉トレーニングに取り組みましょう。効率よく体を鍛える筋肉トレーニングのコツは、10回繰り返すのが精いっぱいな負荷をかけて体を鍛えることです。1分間のインターバルを挟んだ10回×3回のトレーニングで体を鍛えられるので、30分もあればかなり充実したメニューを組むことができます。

 
ただしいきなり高負荷のトレーニングは身体を痛めやすいです。まずは軽い負荷でトレーニング器具の使い方に慣れてから、徐々に負荷を重くしていくとよいでしょう。

 

 

効果のある無酸素運動はジムがおすすめだけど

せっかくジムに通うのならば、水泳や筋肉トレーニングなど自宅で取り組むことができないトレーニングで、効率よく体を鍛えたいところ。しかし水泳も筋肉トレーニングのどちらの運動も、ある程度の技術と体力を必用とするトレーニングです。特に器具を使った筋肉トレーニングは、周りの順番待ちをしている人の目も気になるという女性は多いのではないでしょうか。

 

 

ジムの魅力は、自宅ではできない高負荷のトレーニングに取り組めるところです。ウォーキングだけのためにジムに通うのであれば、(花粉症など外を歩けない理由がない限り)近所を歩いたほうが通う手間もなくなり続けやすいです。

 

 

失敗している姿や不慣れな姿を見られるのが嫌でジムの筋トレマシンを使えないのならば、はじめは自宅での自重トレーニングからはじめて、慣れてきたらジムの会員になるという方法を選ぶとよいでしょう。ある程度運動して身体の使い方を覚えることができたが、ジムでそれほど恥をかくこともありません。