30代になった途端に、なかなか痩せない!と嘆いてる女子が多いです。
20代の頃は、少し食べ物を減らせば痩せられたのに、、、30代は食事だけでは痩せられないのですね。

そこには、ちゃんと理由があるのです。

だからと言って、30代からは何をやっても痩せませんよ!と言っているのではありません。
30代には30代の痩せ方があるのですね。
今回は、30代のダイエットのコツをご紹介します。

30代になると痩せにくい理由

30代から急に基礎代謝が落ちます。
基礎代謝とは、運動などをしなくても体を保つために使うエネルギーのことです。

基礎代謝が下がるというのは、基礎的な消費カロリーが減るということです。
それが、30代から急に始まるのですね。

基礎代謝は下がっているのに、今まで通り生活していると、消費できなかったカロリーは脂肪となって体内に蓄積されていきます。

特に30代から脂肪がつきやすいのがお腹周りです。
お腹周りに内臓脂肪がついて、ぽっこりお腹に悩むケースが多いですね。

内臓脂肪は食事だけでは落とせません。
だから、30代からは痩せにくいと感じるのです。

内臓脂肪とは?

内臓脂肪とは、内臓の周りにつく脂肪のことで、内臓を包むように存在します。
皮下脂肪は皮膚の下にある脂肪ですが、内臓脂肪は内臓の近くなので、もう少し奥深くにあります。

けれども、コツを掴めば結構落としやすい脂肪だというのも特徴です。

30代のダイエット成功のコツ

30代からのダイエットを成功させるためには、有酸素運動が不可欠です。
30代といえば、仕事にも育児にも忙しいので、有酸素運動をする時間をなかなか持てないかもしれません。

しかし、少しでも歩く機会を増やしたり、短時間でできる筋トレを取り入れたりなどで、着実に体重を落としていくことができます。

30代にオススメの運動方法は

・スクワット
・ジョギング
・できるだけ早足でウォーキング
・爪先立ち

スクワットと爪先立ちは、主に下半身の筋肉と体幹を鍛えます。
この2つの筋肉を鍛えると、筋肉量を効率よく増やせるので基礎代謝がグンと上がります。

ウォーキングとジョギングは有酸素運動ですね。
20分以上続けるのが理想的なので、通勤を徒歩にしたり階段を使うなどして工夫しましょう。

これらの運動を取り入れた上で食事からの摂取カロリーをオーバーしないようにすれば、だんだん体重が落ちていきます。

まとめ

30代からは確かに痩せにくくなりますが、ここでダイエットを頑張っておかなければ、40代からはさらにダイエット成功が困難になります。

30代からダイエットのコツを掴んで、40代からも楽々に痩せられるようにしたいですね!