暑い夏こそ、ダイエットにピッタリ!!


毎日、毎日、暑い日が続きますね。このように暑い日が続くと何もやる気がおきなくうんざりしてきますが、暑い夏こそ、ダイエットにピッタリの季節なんです。

 

夏がダイエットにピッタリの季節であるという理由は、暑さで食欲が自然に落ちることにあります。また、気温が高いため、ダイエットの運動をするのにも、筋肉をあらかじめ温めておく必要が少なく、肉離れなどのケガも少ないと言われています。

 

また、薄着になることが多いので、嫌でも自分の身体を見る機会が多くなり、ダイエットのモチベーションが冬に比べるとかなり高くなるということも大きなポイントです。冬のように服で隠せないので人の眼が気になりますよね。

 

夏野菜は、ダイエットの大きな味方

 

夏にとれる旬なお野菜を食べてダイエットを成功させましょう。夏野菜のナスやキュウリ、オクラなどは、カサが大きい割にカロリーがかなり低く、ダイエットするには最適な食材です。食物繊維もたっぷりでビタミンも豊富です。

 

炭水化物の代わりに夏野菜をたっぷりととるようにすると効果的です。例えば、夏に美味しい冷やし中華も、麺を減らしてキュウリの千切りを多くすれば、見た目もお腹も満足感を味わえます。

 

沖縄料理の「ゴーヤチャンプルー」に欠かせないゴーヤは、ビタミンCが豊富で、しかもゴーヤのビタミンCは、加熱しても壊れにくく日焼けしやすい夏にはピッタリの野菜です。ゴーヤの種には、体脂肪の分解を促進させると言われている話題の「共役レノイン酸」と呼ばれる脂肪酸の一種が含まれています。

 

ゴーヤの種を食べたことがないという方は、一度ゴーヤの種をフライパンで乾煎りして、塩で味付けをしてみてください。意外なおいしさに驚かれることでしょう。

 

夏にダイエットする時の注意点

 

ダイエットのモチベーションが上がる夏ですが、ダイエットする上で気をつけなくてはならない点がいくつかあります。以下の点をしっかりと頭に入れておいてください。

 

 

水分補給を怠らない

夏は暑いので、知らず知らずのうちに大量の水分を汗として体の外に出しています。そのため、意識してこまめに水分をとるようにしてください。一日に1.5リットルから2リットルの水分を摂取することが必要だと言われています。

 

 

タンパク質を十分に摂取する

食欲が自然と落ちる夏ですが、タンパク質はしっかりととるようにしてください。栄養バランスが悪い食事を続けていると、夏バテしてしまい、体調を崩してしまうことにもなりかねません。体重が落ちても、きれいにやせられなければダイエットの意味がないと思いませんか?

特に豚肉は、高タンパクで夏バテ対策に重要なビタミンB1を多く含んでいるのでおすすめです。

 

 

睡眠をしっかりとる

寝苦しい夜が続くのでなかなか難しいと思いますが、睡眠をしっかりととることを心がけてください。脂肪分解作用がある成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。寝不足はダイエットの妨げになるのでクーラーや扇風機を寝入りばなに上手く使う、寝具を工夫するなどして快適に眠れるようにしましょう。

 

 

まとめ


いかがでしたか?汗だくになる暑い夏ですが、この暑さを利用してダイエットにつなげちゃいましょう!

無理は禁物ですので、ポイントをしっかりと抑えてダイエットを成功させてくださいね。