顔がむくんでいるだけで太って見える

せっかくダイエットに成功して、ウェストも足も細くなったのに、誰からも気づいてもらえない。それはもしかしたら顔のむくみのせいかもしれません。顔は、身体の看板のようなものです。どれだけスタイルがよくても、顔がむくんでいたら体型のバランスが崩れて台無しです。

夏は冷房に冷たい飲み物と、冬よりもむくみやすい季節です。今回はむくみ対策と改善方法をご紹介します。

顔のむくみを取る方法

首のマッサージ

頭から肩に、耳の後ろから不要な水分や老廃物を流すようにマッサージをすると、顔のむくみが取れやすく取りやすくなります。

血行をよくするために、首元や肩を温めてあげるのも効果的です。

 

頭皮マッサージ

顔とつながっている頭皮もマッサージしてあげることで、顔の血行をよくし、むくみを解消する効果があります。

 

お酒を飲み過ぎた夜は水分をしっかり摂る

女子会や飲み会は楽しいですが、次の日の顔のむくみを想像してしまうとうんざりしてしまいます。飲み過ぎた夜は、水分をしっかり摂りましょう。

次の日に多少はむくんでしまいますが、何もしなかったときのようにひどくはなりません。

 

顔のむくみを防止する方法

塩分を摂りすぎない

汗をかきやすい時期で、熱中症予防のために塩分は必須ですが、摂りすぎはむくみを招いてしまいます。熱中症予防だからと、ポテトチップスやせんべいなど塩辛いものばかりは食べないように注意しましょう。

 

利尿作用のある食品を食べる

余分な水分を排出するためには、利尿作用のある食品を食べるのが効果的です。コーヒーや紅茶などは、カロリーも糖質も低いため、むくみ解消に効果的な飲み物です。その他にも、キュウリやスイカやバナナなど、夏の食べ物や熱い地域で採れる食べ物はむくみ対策に効果があります。

 

むくみはじめる前に対処する

夜寝る前に、首のマッサージやストレッチを行い、リンパの流れや血行をよくすることでむくみを防止することができます。

 

フェイスマッサージはしわを深くする?

むくみ対策には、顔ヨガやフェイスマッサージが有名です。しかし顔に刺激を与えるとシワの原因になる、という意見も多いです。

それははたしてなぜでしょうか。

フェイスマッサージを行うさい、血行を良くしようと、ついつい力を込めてしまいます。しかし強く肌をこすることで、皮膚が伸び、肌の深い部分にしわが刻まれてしまうのです。動揺に顔ヨガのやりすぎで、肌にシワが刻まれることもあるようです。

一方で顔ヨガやフェイスマッサージが、むくみの他にも年齢による顔の筋肉の衰えに効果的なのは確かです。

フェイスマッサージの場合は、オイルやクリームをしっかり塗り、撫でるように行うとよいでしょう。顔ヨガの場合も、顔をほぐすような気持ちで、力を込めずほどよく取り組みましょう。