夏は1年でもっとも健康に注意すべきダイエット時期

1年のなかで夏のダイエットは、もっとも注意が必用です。摂取カロリーを抑えるために食事量を減らしてしまうと、たちまち夏バテに至ってしまいます。

ダイエットで夏バテを引き起こさないためには、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。今回は夏のダイエットの注意点をご説明します。

夏のダイエットで夏バテになりやすい理由

ダイエットでは、食事制限によるカロリー管理がポイントです。摂取カロリーを減らす方法は様々ですが、多くの人はまず食事量を減らすことからはじめるのではないでしょうか。そして夏は暑い季節ですから、温かいものを避けそうめんなど冷たくて簡単な料理を食べがちです。

  • 冷たい食べ物
  • 偏った食事による栄養不足

この2つが、ダイエットで全身の倦怠感や食欲不振などの夏バテを引き起こす原因です。

 

 

夏バテにならない食事制限のポイント

夏バテを避けるためには、食事に気を付ける必用があります。

温かいものを食べる

暑い夏は、冷麺や冷やし中華など簡単で冷たいものを食べがちです。冷たいものの食べ過ぎで内臓を冷やすと、全身が疲れやすくなってしまいます。

なるべく温かいものを食べて、内臓から身体を温めるようにしましょう。

 

ビタミンB郡を摂る

ビタミンB群は、炭水化物や脂質などのエネルギー変換を助ける働きがあります。

  • 糖質をエネルギーに変えるビタミンB1
  • 脂質をエネルギーに変えるビタミンB2

ビタミンB群の多くは、魚介類やお肉や卵に含まれています。ダイエット中は高カロリーなお肉を避けがちですが、ダイエット中だからこそお肉や卵は積極的に食べるようにしましょう。

 

クエン酸を摂る

クエン酸は乳酸やピルビン酸など体内の酸性物質を減らし、疲労を回復させる効果があります。

疲れて食欲がないときなど、酢や梅干しなど酸っぱいものを少しでも食べるようにすると症状が軽くなります。

 

水分をきちんと摂取する

夏は汗で、体内のミネラルや水分がどんどん失われる季節です。こまめな水分補給が大切です。

 

 

脂肪燃焼のための就寝時のエアコンのコツ

暑い夏の夜は、睡眠が浅くなりがちです。自律神経を整え正しく脂肪を燃やすために、心地よく寝られるように工夫しましょう。

あらかじめ冷房などで丁度いい温度に部屋を冷ましておくと、入眠しやすくなります。また良質な睡眠は、最初の90分をいかに深く眠れるかにかかっています。最初に2~3時間はクーラーで程よい室温を保つようにしましょう。

また就寝中は体温が低くなり、思った以上に身体は冷えます。一晩中クーラーをつけて寝ている人は、設定温度を高めに設定しておいた方がよいでしょう。