ダイエットには何にお金をかけるべき?

「ダイエット本」「ダイエットグッズ」「ダイエット教室」などダイエットに関するさまざまな商品がありますが、一体何を買ったら痩せるのか分かりません。お金のかけどころを間違ってしまうと、無駄遣いしてしまうだけではなく、時間も無駄にしてしまいます。

 

お金はかけるべきところにかけて、効率的に痩せましょう。今回はダイエットが成功するお金のかけ方をご紹介します。

 

 

1位「食費」

運動の消費カロリーと食事制限によって抑えられるカロリーを比べると、食事制限によって抑えられるカロリーのほうが断然大きいです。ダイエットはまずは食生活の改善からはじまります。

 

だからといって考え無しに摂るカロリー減らしてしまうと、代謝が落ち痩せにくくなります。仕事で精神的にも肉体的にも疲れ切っているにも関わらず、食べたい物が食べられない生活を続けるのはストレスのもとですです。

 

ストレスを感じずにダイエットするためには、低カロリーで栄養満点の食事を摂ることです。ただしそういった食品は値段が高く、節約をしながら取り組むことは難しいでしょう。
自炊中心の生活であれば食費を安くできますが、忙しい現代人が毎日自炊時間を確保することは難しいです。料理をする気がおきないときは、ヘルシーなサラダやお惣菜を購入して無理なくダイエットを続けましょう。

 

 

2位「時間短縮」

運動によせ、自炊にせよ、ダイエットに取り組むためにはある程度の時間が必用です。運動も自炊もしないという方も、計画を立てたりするためにある程度の時間をかけたほうが、ダイエットの成功率が高くなります。一定の時間を確保するために、家電やお手伝いサービスなど、時短のためにお金をかけるとよいでしょう。買い物の時間を減らすために、オンラインスーパーや野菜の宅配を利用するのも有効です。

 

 

 

3位「ダイエット本」

正しいダイエット知識を身につけるために、ダイエット本は1冊は持っていたほうがよいでしょう。ただし「簡単に痩せられる〇〇ダイエット」というような流行を追いかけた本はおすすめできません。

 

それよりは「栄養学基礎」や「ヨガ基本」など、ダイエットに関する基本的な知識が載っているダイエット本をおすすめします。どうしたら痩せるか分かれば、自分の生活をどのように改善すれば無理なく痩せられるか自分で考えることができるようになります。

 

 

4位「エクササイズグッズ」

毎日30分程度の時間が確保できる人であれば、屋内で有酸素運動に取り組めるようエクササイズグッズを購入することをおすすめします。天気に左右されず運動に取り組むことができます。ウォーキングマシーンや踏み台ステップなどは、テレビを見ながら運動ができます。
短時間で効果的に鍛えたい人は、ダンベルなどの無酸素運動を補佐するエクササイズグッズを購入するとよいでしょう。すぐに使えるように見える位置に置いておくのが理想です。そのため、購入するのは邪魔にならない小型のものがおすすめです。