冬は野菜が高い!

冬は寒くて野菜が高くなる季節です。さらに今年の冬は記録的な積雪量で、野菜の値上がりがとまりません。「とてもじゃないけど健康的なダイエットなんて無理」なんて思っていませんか。

 

今回はそんなお悩みを解消するために、安くてどこででも手に入る「たまねぎ」を使ったダイエットについてまとめてみました。玉ねぎはデトックス効果の高い野菜。さらに冷凍保存も可能で、他の野菜よりも下ごしらえが簡単です。ぜひ冬の間に溜まった脂肪の燃焼にお役立てください。

玉ねぎのダイエット効果


玉ねぎには「ケルセチン」という玉ねぎポリフェノールが含まれています。このケルセチンは脂肪を体外へ排出する効果があります。また玉ねぎを1週間ほど干しておけば、含まれているケルセチンを約3倍に増やすことができます。
ケルセチンだけではなく血流を促進させるアリシンや、腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖など、玉ねぎにはダイエットに嬉しい成分が含まれています。

 

 

玉ねぎを使った様々なダイエット

玉ねぎ茶ダイエット


玉ねぎの皮で作ったお茶を毎日飲むダイエット方法です。脂肪を体外に排出する効果のあるケルセチンは、中身よりも皮に多く含まれています。このため玉ねぎの皮で作ったお茶を飲むだけでもダイエット効果を期待できます。
玉ねぎの皮はよく洗って使いましょう。干すのが手間な方は、電子レンジで4分程度熱を加えて水分を飛ばすとよいでしょう。お湯に水分を飛ばした玉ねぎの皮を加えて、数分置いておくだけで「玉ねぎ茶」を簡単に作ることができます。

 

 

1日1/4の玉ねぎを食べる玉ねぎダイエット

毎日50g程度の玉ねぎを食べるダイエット方法です。玉ねぎは安価で財布に優しく、玉ねぎダイエットは手軽で続けやすいダイエットです。コンソメや顆粒出汁を加えて電子レンジで温めるだけで、甘くて美味しい玉ねぎ料理を作ることができます。玉ねぎは冷凍保存にぴったりの野菜です。薄切りやすりおろしにした玉ねぎを小分けにして冷凍すればいつでも使うことができます。

 

体臭がきつくなる可能性もあるため、食べ過ぎにはくれぐれも注意してください。

 

 

玉ねぎジュースダイエット

玉ねぎで作ったジュースを毎日飲むダイエット方法です。ジュースの作り方は、ミキサーにかけた玉ねぎと野菜ジュースを混ぜ合わせるだけです。りんごなどのフルーツを加えても良いでしょう。生の玉ねぎを食べるのがきつい方は、電子レンジで玉ねぎに熱を通すとよいでしょう。続けやすい方法で続けてください。

 

 

ヨーグルトと玉ねぎを混ぜてダイエット

薄切りにした玉ねぎ(1/2)、無糖ヨーグルト(200g)、塩(小さじ1/2)を混ぜて食べる簡単ダイエットです。

 

ヨーグルトには腸内細菌を活性化させるビフィズス菌が含まれています。そして玉ねぎに含まれている水溶食物繊維「イヌリン」を腸内細菌が食べると短鎖脂肪酸が発生します。短鎖脂肪酸は代謝UP、腸のはたらきの活性化、脂肪吸収防止、食欲抑制の効果が期待できます。玉ねぎとヨーグルトの組み合わせは、腸が喜ぶ組み合わせなのです。

 

玉ねぎの辛みが苦手な方は、玉ねぎを切ってから30分ほど置いておきましょう。水にさらすのは、栄養が水に溶けだしてしまうためおすすめできません。それでも辛いという方は、作った玉ねぎヨーグルトを冷蔵庫で一晩おけばマイルドになって食べやすくなります。