寒い季節はホッカイロダイエットがおすすめ

涼しく過ごしやすくなってまいりました。
まだまだ暑さは残っていますが、すぐに秋がきます。秋が過ぎればあっという間に雪の季節です。

冬は冷え性の人にはつらい季節。同時に使い捨てホッカイロが大活躍する季節です。

ところでホッカイロがダイエットに活用できるって知っていましたか?

使い終わったホッカイロは、まだまだ温かくツボや内臓を温めるのに最適。本格的な冬が来る前に、ホッカイロダイエットの方法を学びましょう。

 

 

ホッカイロダイエットの効果

ホッカイロダイエットは、その名の通りホッカイロで体の部位を温めるダイエット。ツボや内臓を温めることにより、代謝がよくなり痩せることができます。

低体温の身体は、酵素がうまく働かなくなります。そのため消化が悪くなったり、疲労がたまりやすくなったり、免疫力が落ちたりします。
またエネルギー代謝も悪くなり、老廃物もたまりやすくなります。

やせやすい身体になるためには、身体を温める必要があります。
外から温めても効果があるの? と不思議に思うかもしれませんが、外から温める半身浴やお灸も効果があるんですから、同じようにホッカイロにも効果があることが分かります。
ホッカイロを張るだけで基礎代謝が12%もアップするといわれています。

 

 

ホッカイロダイエットのメリット


使い終わってまだ温かいホッカイロを活用すればよいので、コストパフォーマンスが抜群です。さらに張っておくだけなので家事の合間でも、仕事中でも、寝ているときにでもできます。

張る場所によって、腰痛予防や生理痛予防にもつながります。

 

 

ホッカイロを張る部位

丹田(たんでん)

丹田はおへそから、およそ指4本分下にある部位です。

お腹の冷えは、様々な不調につながります。便秘や生理痛の原因にもなりますので、ぜひ温めておきたい場所です。

お腹を温めれば内臓の動きも活発になり、代謝も良くなるのでダイエットに効果的です。

 

仙骨(せんこつ)

仙骨はお尻の割れ目の境目部分。パンツの上に張ることは難しいので、スパッツやタイツの上から張るとよいでしょう。神経や血管が集中している仙骨は、ホッカイロを張れば体全体が温まりやすくなります。

さらに女性ホルモンの一種「エストロゲン」の分泌を促したり、子宮を温めることもできるので、生理痛緩和にも効果があります。

 

背中

寒い季節は、体は寒さに耐えるため力を入れてしまいます。力んでいる状態が続くと、老廃物がうまく流れずむくみやすくなります。
ケアのためにもホッカイロで温めてあげましょう。
肩甲骨付近を温めれば、上半身のコリをほぐし代謝もよくなります。

 

ふくらはぎ

ふくらはぎは心臓に血液を送り出す第2の心臓ともいわれている部位。ふくらはぎが冷えてしまうと筋肉固くなり、血液の循環が悪くなります。ダイエットのためにぜひ温めてあげてください。

 

肝臓

基礎代謝の3/1を担う重要な臓器。体温が低くなれば、それだけ肝臓の働きも鈍くなります。
右胸の下を温めて、肝臓をいたわってあげましょう。

 

 

注意点

ホッカイロは意外と長持ち。使い終わったものでも、すぐに熱くなるので低温やけどには気を付けましょう。
ぬるくなったからと、肌に直貼りするのは絶対に避けてください。