人間の脳は我慢できるように作られていない

お菓子が我慢できない、TVやネットをして運動ができない、と意思が弱い自分を攻めてはいませんか。そもそも人間の脳は我慢が苦手です。

 

人間の脳は、原始時代から現代まで特別な進化を遂げていません。保存技術が優れていなかった狩猟時代は、次の食事がある保証もなく、目の前の食事をすぐに食べなければいけない時代でした。飽食の現代でも、脳の仕組みはほとんど変わっておらず、脳は目の前の食事を早く食べるように促します。

 

 

我慢が苦手なのであれば、我慢をやめて痩せる方法を探してみましょう。今回はそんな我慢せずに痩せられるプラスダイエットをご紹介します。

 

 

プラスダイエットとは

プラスダイエットとは、したいことをする前に痩せる行動をプラスするダイエット方法です。例えばお菓子を食べたいのであれば、先に野菜を食べる。テレビを見たいのならば、先に運動をするというダイエット方法です。

 

 

プラスダイエットでは我慢する必用はありません。決められた行動をこなせば、そのあと好きなだけお菓子を食べても遊んでもかまわないからです。ダイエットの先に自分のしたいことができると考えると、ダイエットのストレスを軽減することができます。

 

 

プラスダイエットの方法

プラスダイエットではしたいことをする前に、ダイエットの目的を呟きます。

  • 〇kg痩せたい
  • お腹のお肉を落としたい
  • 二の腕を細くしたい
  • ヒップアップしたい

 

 

上記のように具体的な目標を呟くとよいでしょう。実際に口に出しても、心のなかで呟いてもかまいません。呟き終わったら、次に痩せる行動に移ります。

 

  • 野菜を食べてから、お菓子を好きなだけ食べる
  • ゼリーを食べてから、お菓子を好きなだけ食べる
  • スクワットを〇回してから、テレビを好きなだけ見る
  • ヨガのポーズで体をほぐしてから、寝る
  • フェイスヨガに取り組んでから、お風呂にゆっくりつかる

 

 

次の行動に支障が出ないように、1~5分程度の短い時間で終わるものにしましょう。何をつぶやくか、何に取り組むか、あらかじめ考えておくと悩む時間も短縮できます。

 

 

プラスダイエットの効果

プラスダイエットは痩せる行動を習慣化させるためのダイエット方法です。したいことをすきなだけできるご褒美があるため、ダイエットの先延ばしをなくす効果があります。痩せる行動に取り組めたら、スケジュール帳やカレンダーなどに「正」の字で記録をつけるようにするとよいでしょう。達成感を味わいやる気を高めることができます。
またあらかじめ痩せる行動をとることで、ダイエットを意識させ食べ過ぎや飲み過ぎを防止することができます。