炭酸水を飲むだけで痩せられる!

ダイエットでは、摂取カロリーの管理が重要です。場合によっては、それまで好きなだけ食べていた高カロリーの食べ物や、甘いお菓子など我慢する必用があります。好きなものを我慢することは非常につらいです。多くの人が、このステップでダイエットを諦めていることでしょう。ストレスを溜めずにお菓子や揚げ物を減らせたら、ダイエットはほぼ成功したも同然です。

今回は無理をせずに、食事や間食を減らせる炭酸水ダイエットについてご紹介します。

炭酸水ダイエットの方法


炭酸水ダイエットの方法は、食事の30分前に300ml~500mlの常温の炭酸水を飲むだけです。炭酸で胃が膨らみ、食べ過ぎを防止することができます。

食事の直前に飲んでしまうと、胃酸が薄くなり消化の効率が落ちます。食事中に飲んでも胃酸が薄まり、同様に消化効率が落ちる可能性があります。ただし炭酸でお腹は膨らむので、どちらも食べ過ぎ防止には効果があります。

できれば炭酸水は最低でも食事の10分前に飲むようにするとよいでしょう。

 

 

間食防止にも効果的

おやつが止められないという人にも、炭酸水は効果的です。舌に刺激を与えるので、口寂しさをごまかす効果があります。また炭酸がお腹を膨らませるため、お菓子を食べたい欲求を抑えてくれます。

炭酸水は水ですので、お茶やコーヒーなどと違い後味がすっきりとしています。

 

 

炭酸水の温度に気を付ける

ダイエット中に飲む炭酸水は常温のものがおすすめです。冷たい炭酸水は、胃や腸を刺激し活動を活発にさせます。便秘解消に効果がありますが、同時に食欲も刺激する可能性があります。

 

 

朝に炭酸水を飲んで体を目覚めさせよう

朝一番に炭酸水を飲んでも、ダイエット効果が期待できます。

朝食を食べない生活を10年続けて習慣になっているという人でなければ、ダイエット中はできるだけ朝食を食べたほうがよいでしょう。朝食を食べずにいると、朝食で足りない栄養を補おうと昼食を無意識に食べ過ぎています。また空腹のまま昼食を食べてしまうと血糖値が急上昇してしまいます。
朝食を食べないという人の多くは、早起きが苦手です。ベッドから起き上がれても、身体が重くて動けないという人も多いのではないでしょうか。

 

朝一番に炭酸水を飲むことで、胃や腸が刺激され、眠っていた体の内側が活発に動き始めます。血管を広げ血行を促進するため、目が覚めます。朝は胃がもたれてご飯を食べられないという人や、すっきり起きて朝活に取り組みたい人などに、朝一番の炭酸水はおすすめです。