バカンス中でもダイエットを続けるには

 

夏も本番になってきました。学生の方は、待ちに待った夏休みに入った方も多いのではないでしょうか。夏休みといえば、バカンスであちらこちらに旅行へ出かける機会もあると思います。

ダイエット期間中に旅行へ行く際、皆さんはどのように過ごしていますか。ダイエット中だからといって旅先の食事を制限しすぎると、せっかくのバカンスを楽しめません。今回は、ダイエット中に旅先で注意したいことをご紹介したいと思います。

 

 

旅行をすると太ってしまうことが多い

 

旅行をすると体重が増えてしまったという経験をしたことはありませんか。旅先には、その土地の名物や豪華な食事など太ってしまう要素がたくさんあります。

 

また、旅行をしているとどうしても便秘になりがちになるのも太りやすい原因です。

 

 

朝食は、和食をチョイス

 

旅先で朝食を食べる時は、和食を中心に食べるようにしましょう。バイキングは、どうしても食べ過ぎてしまうことが多いので、バイキング形式の朝食か定食スタイルを選択できるのならば、定食スタイルをおすすめします。

 

そしてできる限り、炭水化物を控えるようにしてください。旅先では、ご当地名物など普段食べられないものを選ぶと良いでしょう。

 

サラダやひじきなどの海草といった食物繊維が多いものを最初に食べ、よく噛んで食べるようにしましょう。便秘対策としてヨーグルトを食べるのもおすすめです。

 

 

 

しっかりと食事を楽しむには、ランチがおすすめ

 

旅行の大きな楽しみの一つは、その場所で楽しむ食事です。しかし、旅行中に朝昼晩と食べ続けていたら、体重が増えてしまうのは間違いありません。

 

そこで、豪華な食事を楽しむ場合はランチに食べることをおすすめします。人間の体は、お昼頃から消化する力が活発になり、食事のエネルギーが燃焼されやすいと言われています。

 

ですから、ヘビーなお料理を食べるのならばランチに楽しむようにしましょう。ランチならば、ディナーの時間帯よりもお得に価格設定されていることも多いのでお財布にも優しいのでおすすめです。

 

 

 

夕食の時間は早めにする

 

夕食は、炭水化物を控えましょう。食物繊維が多いものから食べ始め、なるべく軽めにすませるようにしてください。

 

20時までに夕食を終わらせるようにすると次の日に胃腸が重くて活動しづらいといったことも避けられます。くれぐれも夕食後にお菓子をつまむことはやめてくださいね。

 

 

ダイエットの敵はストレス

 

旅行中は、積極的に観光やショッピングを楽しむなどしっかりと歩きましょう。観光地巡りを楽しんでウォーキングしましょう。歩くことで過剰摂取してしまったカロリーを燃焼させてください。歩き回っても足が痛くならないようにスニーカー持参をおすすめします。

 

ダイエットの最大の敵はストレスです。旅をすることで日頃のストレスを発散することは、ダイエットにも好影響を与えてくれます。旅行後に多少体重が増えてしまうようなことがあっても、心がリフレッシュされれば、またダイエットを頑張ることができます。

 

旅先では、しっかりと旅行を楽しんでくださいね。