本当にあるの?酢納豆のダイエット効果

TVで取り上げたことによりブームになった「酢納豆」ですが、本当にダイエット効果はあるのでしょうか。

2018年に発売された「酢納豆でやせる!病気が治る!テレビで大反響腸も血管も目も若返る特効食」では、ダイエット・糖尿病・高血圧・狭心症・視力改善などに効果があったとまとめられています。

なんだかそこまで持ち上げられてしまうと、怪しく感じてしまいます。今回、酢納豆は本当にダイエット効果があるのか調べてみました。

 

 

酢と納豆は一緒に摂ったほうがいいの?

酢納豆ダイエットとは、納豆1パックにお酢を小さじ1/2~1杯加えて食べるダイエット方法です。酢の味はほとんどしないため、酸っぱいのが苦手な人でも続けやすいダイエット方法です。

調べてみると、お酢と納豆を混ぜ合わせることにより特別なダイエット効果が見込めるわけではないようです。

つまりお酢と納豆をそれぞれ別で摂っても、酢納豆と同じような効果が期待できるようです。メリットらしいメリットといえば、健康によい酢と納豆が一緒に摂れるという点ぐらいでしょうか。

 

お酢のダイエット効果

お酢には血糖値の上昇をゆるやかにする効果があります。血糖値の上昇がゆるやかになれば、血糖値が脂肪に変換されるのを予防し、空腹やイライラなども引き起こしにくくなります。

 

納豆のダイエット効果

納豆には、脂肪を燃焼したり、血糖値の上昇をゆるやかにする効果はありません。ただし納豆菌と食物繊維の組み合わせによる整腸作用、代謝を助けるビタミンB群などが含まれています。またたんぱく質をお手軽に摂れる食品でもあります。

直接的に脂肪を燃やす効果はありませんが、間食的にダイエットを助ける食品を2つも組み合わせて食べるのは効率の良い栄養の摂り方ともいえます。

 

 

お酢ダイエットにはない酢納豆のメリット

また酢納豆に期待できるのは、お酢に甘味を加えずに食べられることです。血糖値の上昇を抑えるため、お酢はダイエットでよく取り上げられます。

しかし単体では飲みにくいため、お酢ダイエットで摂るお酢は甘味が加えられたものがほとんどです。

しかし酢納豆では、酢に砂糖を加えなくても食べることができます。酢と納豆を組み合わせるメリットはこれぐらいでしょうか。

 

酢納豆は食べ過ぎに注意

納豆菌は菌の中でも強力な菌です。酢納豆を食べるのであれば1日1パックまで、それ以上食べ過ぎてしまうと、腸内菌が納豆菌に乗っ取られ腹痛などを引き起こす可能性があります。