歯磨きをしっかりしない人は肥満になりやすい

 

肥満に歯磨きが関係あることをご存知ですか?歯磨きをすることで自然とダイエットができる「歯磨きダイエット」と言うダイエット方があります。手軽に行える「歯磨きダイエット」をご紹介しましょう。

 

なぜ歯磨きをすることでダイエットできるのか、そのやり方、また、歯磨きと肥満の驚くべき関係についてご紹介したいと思います。

歯磨きするだけでダイエットできる

 

「歯磨きダイエット」は、かなり前から話題になっており、実践されている方も多いと思います。歯磨きをするだけで食欲をコントロールしやすくなり、お金もかからず、歯も美しくなるという一石三鳥のうれしいダイエット法です。

 

歯磨きをすると歯をきれいにしておきたい気持ちに自然となるため、食べることを控える気持ちになりますよね。そういった心理を利用した、歯磨きダイエット。手軽に行えて案外効果は高いようです。

 

ポイントはその磨き方にあります。できるだけ丁寧に歯を磨くことです。人間は、誰にでも面倒なことをあまりしたくない心理を持っています。その心理を利用し、歯磨きをする際には、できるだけ丁寧に歯を磨いてください。

 

そうすることでちょっとした空腹感ならば、せっかくきれいにした歯を汚したくないという心理の方が強く働き、間食などを防いでくれます。

 

また、歯磨き粉には食欲をなくす効果があるため、自然と食事を控えようという気持ちになります。歯磨きをした、爽やかな口の中に食べ物を入れたくない気持ちは、簡単に想像できるのではないでしょうか。

 

虫歯が増えると肥満になりやすくなる

 

虫歯が増えると肥満になりやすいことをご存知でしたか?歯磨きを怠ると、お口の中は汚い状態となり、虫歯菌が増えやすくなります。当然、虫歯になる危険性が高くなり、歯が弱くなっていきます。そうなってしまうと人間は、食べ物を良く噛まずに飲み込むようになるのです。

 

早食いになってしまうと、どうしても食事量が多くなっていきます。食事を開始してから、人間が満腹感を感じるまでには15~20分かかると言われています。そのため、早食いだとお腹は満腹でも満腹中枢が刺激されるまで食べ続けてしまうことになるのです。

 

また、歯磨きをきちんとしない人は、口腔内が不潔になるので、食べかすが舌に蓄積されて舌苔(ぜったい)となります。舌苔が多くなると味覚を感じる機能が弱くなり、濃い味を好むようになっていきます。

 

甘みの強いものでないと満足しなくなったり、濃い味のおかずを好むようになり、体がむくみやすくなるので注意してください。

 

まとめ

 

いかがでしたか?歯磨きと肥満には、深いつながりがあります。たかが歯磨きとあなどらないでしっかりと行うようにしてください。

 

毎食後きちんと歯磨きを続けていても、どうしてもお口の中に歯石は溜まってしまいます。自分自身のケアだけでは難しいこともありますので、定期的に歯科医に通って口腔ケアを行うと良いでしょう。