女性向けダイエットが続かないという人へ

女性向けダイエットは「簡単」「楽」「短時間」を重視しているものが多いです。忙しい現代人向けに「短時間」で済むのも大切ですし、人間は楽をしたい生き物ですから「簡単」なほうが続けやすいです。

けれども人によっては、それが物足りないという人がいます。
自分を追い込み、成長するのが大好きな人たちです。

すべての人間にはそんな追い込まれたいという欲求が隠れています。

ビリーズブートキャンプが何故あれだけ流行ったのかというと、「厳しかった」からです。人間はどこか心の底で、自分に試練を与えたいという欲求があります。試練を与えて、自分の成長を実感したい、それは人が成長するために大切な欲求です。

ただの試練であれば、人間は楽をしたい生き物ですから、すぐに諦めます。ただしこちらを見守ってくれる仲間がいれば、人は頑張れるものです。

ビリーズブートキャンプは、厳しいながらもポジティブな言葉で励まし元気づけてくれる所がウケたのでしょう。

女性が筋肉トレーニングでムキムキにならない理由

近年の研究で筋肉トレーニングをこなしてもムキムキにはならないことが明らかになりました。

ムキムキにならない理由は体脂肪にあります。筋肉の上には皮と脂肪が重なっているため、それらが薄くならないと筋肉の姿を見ることはできません。
女性の脂肪は大体20%以上。筋肉が見えるのは10%代。10%を目指して減量することは苦行に近いです。

そして筋肉トレーニングの目的は減量によって減ってしまった筋肉を保つこと。減量すれば脂肪が減りますが、筋肉も減ります。脂肪だけ減らしてもぷにぷにのまま体が一回り小さくなるだけです。

筋肉トレーニングは、食事制限で脂肪を落としながら行う必要があります。

 

 

あえて男性向けトレーニングをこなすという考え

女性向けダイエットの運動は眠たくなるほど退屈で簡単な動作を繰り返すだけ。これでは飽きて続かないのもしょうがありません。

いっそのこと「難しい運動を出来るように目指す」という新しい視点を持ってみるのはいかがでしょうか。出来なかったことが出来るようになって、その上体も引き締まるというのはなかなか理想的です。

 

 

ハードな腕立て伏せ

例えば背中や腹部を鍛えられる、「腕立て伏せ」。こちらを片手でできるように頑張ってみます。
はじめは安全な両手から慣れ、徐々に難しくしていきます。両手でもうまくできなかった腕立て伏せが片手でできるようになったら快感です。

 


まずは正しい腕立て伏せから。

 


ここまで出来るように!


片手腕立て伏せまでいかなくとも、このあたりを目標にするとよいかもしれません。

 

 

ハードな腹筋を鍛えるレッグレイズ

さすがに器具がないとこちらは難しいです。

 

器具無しで行う方法もあります。

 

 

ハードな背筋を鍛えるブリッジ


ここまで美しいブリッジができると嬉しいですよね。

 

 

高負荷な片足スクワット

 

 

今回まとめた運動は、万全な体調で行わなければ危険なものばかりです。運動初心者の方は、基本の腹筋や腕立て伏せなどできるようになることから始め、徐々に難しい運動に挑戦していきましょう。
腰などに異変を感じたらすぐに止めてください。

出来ないことを出来るようになるのは楽しいです。人によっては「簡単」「楽」より「難しい」「困難」のほうが燃えるという人もいます。
興味が湧いたらぜひ挑戦してみてください。