炭水化物(糖質)は太る原因と言われているけれども

 

炭水化物(糖質)はダイエットの敵と思われているかのように近年では、炭水化物(糖質)抜きダイエットが大流行りです。確かに炭水化物(糖質)を抜いたダイエットをした結果、かなりやせたという人のお話をたくさん耳にしたことがあります。

 

けれども、炭水化物が大好き、炭水化物抜きダイエットは、長く続けられないという方も多いのではないでしょうか。

 

そんな炭水化物大好き人間が、ダイエットをしたい場合にはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

 

 

炭水化物(糖質)と肥満の関係

 

なぜ、糖質をとると太ってしまうのでしょうか。糖質が体内に入ってくると血糖値が上昇します。そうすると体は血糖値を一定値に保とうとして、血糖値を下げるホルモンであるインスリンを分泌します。

 

インスリンの作用によって血液中の血糖値は下がるのですが、その時に下げられた血糖は、体脂肪として体内に蓄えられるのです。そのため普通の人よりもインスリンが多く分泌される人は、それほど食べていなくても太りやすいと言われています。

 

 

血糖値を急上昇しにくくするには

 

血糖値が急激に上昇すると体は血糖値を急いで下げなくてはいけないと大慌てで大量のインスリンを分泌してしまいます。人間の体は、本来血糖値が急激に上がらないような仕組みになっており、一般の食事だけではそんなに血糖値は急上昇しません。

 

しかし、人間の作り出した甘い清涼飲料水などは消化する時間がいらないので短時間で体内に吸収され血糖値が急上昇してしまうのです。

 

炭水化物(糖質)が大好きな人は、消化する時間がかからない飲み物には糖分が入っていないものを選ぶように徹底しましょう。

 

 

炭水化物を食べる時は、なるべく食物繊維の多いものを

 

血糖値の急上昇を防ぐために、食物繊維が有効です。炭水化物を摂取する際には、なるべく食物繊維をたっぷりと含むものを選ぶようにしてください。

 

パンよりはご飯の方が太りにくいと言われています。それでもどうしてもパンが食べたいという場合には、ライ麦パンといったような食物繊維が入っているものを選んでください。全粒粉パンでも血糖値を急上昇させやすいことが最新の研究でわかってきたので避けた方が無難です。

 

ご飯の場合も、少しでも食物繊維を増やす努力をすると良いでしょう。例えば、雑穀米にする、麦を混ぜて食物繊維量を増やすなどが有効です。

 

食べ物の糖分が体にゆっくりと吸収されることをイメージしながら食事を管理してみてください。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

血糖値の急上昇が肥満と大きくかかわっています。炭水化物をたくさん食べたいならば、消化する時間が短く、糖質が簡単に取り込まれやすい食べ物を意識して避けるようにしましょう。