熱い夏は冷え冷えダイエット


冷たい食べ物がおいしい季節が近づいてきました。照りつく太陽の下で食べる冷たいアイスクリームやかき氷は、夏の醍醐味です。ダイエット中だからと、冷たいお菓子を我慢するのはもったいないです。

実はダイエット中だからこそ、冷たいお菓子は食べたほうがよいです。今回はアイスクリームやかき氷を食べて痩せるダイエット方法をご紹介します。

みんな大好きなアイスクリームでダイエット


アイスクリームダイエットとは、その名の通り毎日アイスクリームを食べて痩せるダイエット方法です。

アイスクリームを食べるタイミング

アイスクリームダイエットでアイスクリームを食べるタイミングは

  • 間食
  • 朝食に置き換え

の2種類があります

間食に置き換える場合は、1日100g以上(約200kcal)は食べないようにしましょう。朝食に置き換える場合は、ビタミンCやたんぱく質などの栄養を、昼食や夕食できちんと摂るように気を付けるとよいでしょう。

 

アイスクリームダイエットで痩せる理由

乳成分が豊富なアイスクリームを食べることで、ダイエットで不足しがちな脂質を摂取することができます。

ダイエットで真っ先に削ってしまいがちなのが、脂肪です。確かに脂肪は取り過ぎると、肥満の原因になります。しかしどのような栄養も必用なように、脂質も1日あたり55gの摂取が推奨されています。

摂取する脂質が不足すると、身体は体内の脂質をこれ以上減らさないためにあえて代謝を落とします。代謝が落ちてしまうと、脂肪が燃えにくく痩せにくい身体になってしまいます。

アイスクリームは、脂質の他にダイエット中に不足しがちなカルシウムなどのミネラルも含まれています。またアイスクリームを食べて体温が低くなると、身体はエネルギーを使って体温を上げようとするため、基礎代謝アップが期待できます。

 

アイスクリームダイエットのアイスクリーム

アイスクリームは、脂肪分が12%以上のものを選ぶようにしましょう。

アイスクリームダイエットのアイスクリームは、どのようなアイスクリームでもよいわけではありません。安価なアイスクリームは、加えている乳成分が少なく、人工甘味料で風味をつけています。

 

 

夏に嬉しいかき氷ダイエット

かき氷ダイエットの方法

かき氷ダイエットは、かき氷をおやつ代わりに食べるダイエット方法です。

置き換えダイエットでかき氷は食べるのはおすすめできません。ほぼ水でできているため、栄養が不足してしまう可能性があります。

 

かき氷ダイエットで痩せる理由

夏と冬では、冬のほうがエネルギーを使って体を温めるため、夏よりも消費カロリーが多いことはご存じですか。かき氷ダイエットは、あえて体を冷やすことにより、消費カロリーを増加を狙うダイエット方法です。

 

かき氷ダイエットで食べるかき氷

かき氷ダイエットで食べるかき氷は、シロップをかけて食べてはいけません。甘いシロップをかけて食べてしまうと、カロリーをオーバーしてしまう可能性があります。

  • フルーツジュース
  • 野菜ジュース
  • ヨーグルト
  • ハチミツ

など、低カロリーな食品をかけて食べるとよいでしょう。

 

食べ過ぎには注意しましょう

アイスクリームもかき氷も食べ過ぎには注意です。体温が戻らないほど体を冷ましてしまうと、低体温症につながります。また内臓を冷やし過ぎると、便秘や腹痛を引き起こしてしまう恐れもあります。

かき氷ダイエットもアイスクリームダイエットも、日々の体調に注意しながら続けるようにしましょう。