牛乳をダイエットの敵だと思っていませんか?!

 

子供の時は、給食の時間に毎日のように牛乳を飲んでいた方も多いのではないでしょうか。その牛乳ですが、カロリーが高いのでダイエットには不向きといったイメージを持っていませんか?

 

実は、牛乳は飲み方次第でダイエットにピッタリの飲み物と言われています。今回は、なぜ牛乳がダイエットに向いているのか、どういった飲み方をすれば効果的にダイエットできるかをご紹介していきます。

 

牛乳のカロリーは高い?

 

まずは、牛乳のカロリーがどれくらいあるのかを知っておきましょう。

 

牛乳のカロリーは、100mlあたり67キロカロリーでコップ1杯(200ml)だと約130キロカロリーと言われています。コーラのカロリーは、200mlで約92キロカロリーと言われているのでカロリーだけで見るとかなり高い印象がします。加工されている低脂肪乳では、200mlで約45キロカロリーです。

 

 

ダイエットにはGI値が重要

 

GI値をご存知ですか。GI値とは、その食べ物に含まれている糖質がどれくらいの早さで吸収されるかという血糖値の上昇度合いの相対値です。

 

パッと見た限りではカロリーが高い印象の牛乳ですが、ダイエットにはカロリーよりもGI値が重要です。その点、牛乳はGI値が25と低いためダイエット向きの飲料と言えるのです。

 

Gi値が高い食品を摂取すると急激に血糖値が上がってしまい、太りやすくなると考えられています。その点牛乳はGI値が低いので炭水化物のようにGI値が高い食品と一緒に摂取すると相対的にGI値を低くするという効果もあるのです。

 

牛乳ダイエットのやり方

 

それでは、牛乳ダイエットを効果的に行うにはどのようにしたら良いのでしょうか。

 

まずは、牛乳を食事前に飲むようにしてください。食前に牛乳を飲むことで、ある程度食欲を抑えることができます。また、牛乳を飲んだ後で食事をとることにより、血糖値の急激な上昇を抑える効果が期待できます。

 

牛乳を飲む時には、噛むようにして飲むとより満腹感が得られるのでおすすめします。より効果を高めたい方は低脂肪の牛乳を選ぶと良いでしょう。

 

ただし、牛乳ダイエットは効果があるからといって、好きなだけ牛乳を飲んでしまうとかえって太ってしまいかねません。1日3杯程度を目安に飲むようにしましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

カロリーが高いと思われがちな牛乳ですが、腹持ちがよくGI値も低い、ダイエットにピッタリの飲み物です。しかも骨粗しょう症予防に必要なカルシウムをたっぷりととることができます。ダイエット中に不足しがちなタンパク質を補うこともできるのでおすすめです。