痩せている人は痩せる生活を送っている

マザーテレサの名言に「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから」というものがあります。

 

つまり思考という習慣は、いずれ自分を形作る体や生き方に現れるという意味です。

ちょっとした生活の違いによって、その人の体型は変わってきます。痩せている人には痩せている生活を、太っている人は太っている生活を送っています。はたしてどのような生活を送れば、スッキリとした体形になれるのか。今回はそんな痩せている人の生活のポイントを2つご紹介します。

疲れたら寝るのではなく軽く運動する

長時間のデスクワークや勉強で疲れたとき、軽く仮眠したり軽食をとったりと、様々な休憩方法があります。痩せている人はあえて身体を動かすことで疲労軽減を狙います。

多くの場合疲れの原因は、血流循環の悪さです。長い時間同じ姿勢の維持や、クーラーなどの冷え、明るいPC画面によって目にかかる負担、これらすべては血液の流れを悪くさせ筋肉を固くする原因です。このため運動によって、血流を元に戻してあげることが疲労回復の近道だったりします。

太っている人は体が疲れているとき、ついつい食べたり寝たりしがちです。一度だらけてしまうと、再び身体を動かそうとするさい気力が必要になります。しかし運動で疲労を軽くした場合、運動によってカロリーが消費できる他、次のタスクへの導入もスムーズになります。

適度な運動とは、軽いウォーキングやストレッチなどの有酸素運動を指します。騙されたと思って、疲れを感じるときはあえて体を動かしてみてください。

 

食べる意外のストレス発散がある

多くの女性が、ストレス発散の方法の1つに「食べること」をあげます。多くのテレビや雑誌でも、日々の疲れた自分へのご褒美としてお菓子などの甘いものを紹介しています。

当然ながら食べればカロリーを摂取してしまいます。たくさん食べたらその時は気分がいいかもしれませんが、数時間もすれば食べたカロリーに落ち込んでしまいます。ストレス解消が新たなストレスを生み出す負のスパイラルに陥ってしまいます。

共感という感性が発達している女性は、話を聞いてもらうことでストレスが解消されます。そんな女性におすすめのストレス発散法は、誰かと一緒に楽しい時間を過ごすことです。

あえて悩みを聞いてもらう必要はありません。他人と楽しい時間を過ごすだけでストレスは発散できます。期待した返事とは違う言葉に傷つくこともあるでしょうから、悩みを相談する場合は相手を選びましょう。

なかにはそんな友達はいないという方もいるでしょう。そういう方は、紙に自分の悩みを書いて自分に悩みを聞いてもらいましょう。もしくはお悩み相談用のアプリを利用するのもよいです。

どうしても他人に話を聞いてもらいたいという方は、有料の電話相談に電話するのもよいでしょう。