+αで白湯の効果を高めよう


数年前から白湯が健康にも美容にもよいことが広まり、多くの女性が当たり前のように飲むようになりました。生活にかかせなくなった白湯ですが、+αを加えることで効果を高めることができるのはご存じですか。

今回は白湯の効果を高める+α食材についてご紹介します。

白湯のダイエット効果

白湯ダイエットは、朝起きて一番に沸騰して覚ましたお湯を15分かけてゆっくりと飲むダイエット方法です。

なぜ覚ましたお湯を飲むだけでダイエットになるのかというと、

  • 眠っている胃腸が目覚め便通が良くなる
  • 胃腸が目覚めることによってカロリーを効率よくエネルギーに変換できる
  • 水分補給を行うことで血行が良くなり、代謝が上がる

などの理由があります。

 

 

白湯の作り方

白湯といえばお湯を沸かすだけに思えますが、白湯ダイエットの正しい方法では、白湯はやかんで沸かします。蓋をあけてお湯を沸かすことで、水道水の不要な物質を気化させるのが目的、とのことです。

ポイントは沸騰してからも5分~10分は沸騰させ続けることです。発がん性物質トリハロメタンは、沸騰直前が最も多くなり、その後沸騰を続けることで少なくなると言われています。

「水道水に発がん性物質!?」と驚かれるかもしれませんが、実はこのトリハロメタンの発がん性の高さはコーヒーとほぼ同じぐらい。水道水に含まれる量もごく少量です。

また塩素やトリハロメタンは、浄水器を取り付けることで水道水からほとんど取り除くことができます。どうしてもトリハロメタンや塩素が気になるという方以外は、そこまでやかんを使った沸騰にこだわらなくとも問題ありません。

 

 

白湯に+αで効果を高める

 

白湯に+はちみつ生姜


白湯に小さじ1杯のしょうがを加えることで、身体を温める効果がアップします。しょうがの辛さがつらいという方は、はちみつを小さじ1杯程度加えるとよいでしょう。

 

白湯に+スパイス

クミンやコリアンダーのパウダーは胃腸を温める効果があります。白湯に加えることで、代謝がアップするだけではなく、胃腸を刺激し消化を促進してくれます。

 

白湯に+オリーブオイル

オリーブオイルを加えた白湯は冷めにくく、長時間身体を温めてくれます。またオリーブオイルの腸の動きを促すはたらきにより、便通改善の効果を高めます。

 

白湯に+バニラエッセンス

甘い香りは脳を満足させ、甘いものを食べたいという気持ちを抑える作用があります。白湯に少量のバニラエッセンスを加えれば、間食を防止に役立ちます。