お酢を使った3つのダイエット方法

健康によいことで有名なお酢ですが、ダイエットにも大変効果があることはご存じでしょうか。アメリカではリンゴで作られたお酢を使ったリンゴ酢ダイエットが話題になり、日本でも納豆に酢を混ぜた酢納豆ダイエットが話題になりました。

今回はそんなお酢を使ったダイエット方法を3つと、お酢のダイエット効果についてまとめてみました。

1日15mlのお酢で脂肪が燃える?

お酢に豊富に含まれているアミノ酸は、脂肪を分解するリパーゼという酵素を作り出す原料になります。またお酢には、血糖値の上昇をゆるやかにする効果も期待できます。血糖値の上昇がゆるやかになれば、糖の脂肪変換を促すインスリンの分泌を防ぐことにつながります。

穀物酢よりも黒酢のほうがアミノ酸は多く含まれています。お酢の脂肪燃焼効果を期待する場合は、黒酢でダイエットをするとよいでしょう。

酢ダイエットの方法は、1日15~30mlの酢を摂取するだけです。炭酸水や牛乳に混ぜて飲んでもよいですし、料理に混ぜて摂ってもよいでしょう。一気に摂取しても、複数回に分けて摂っても問題ありません。

ただしお酢には食欲を増やす効果もあるため、摂るのは食事中か食後がおすすめです。

 

プラスキャベツで簡単ダイエット食品

酢キャベツダイエットとは、毎食100gの酢キャベツを食べるダイエット方法です。酢キャベツとは脂肪燃焼効果が期待できる酢と、食物繊維が豊富に含み腸を整える効果があるキャベツを組み合わせたダイエット食品です。

  1. キャベツ(1/2)を千切りにしてビニル袋へ入れる
  2. 塩(小さじ2)を加える
  3. 軽くもむ
  4. お酢(200ml)を加える
  5. さらにもむ
  6. 冷蔵庫で半日ほど寝かせる

酢キャベツはカロリーも低く、美容に大切な栄養ビタミンCも摂取できます。我慢をせずに痩せたいという人には、食事の前に酢キャベツを食べることをおすすめします。

 

プラス納豆で痩せて血液もサラサラに

酢納豆はテレビでも話題になっているダイエット食品です。納豆には糖質をエネルギーに変えるビタミンB群が豊富に含まれています。ダイエットでは不足しがちなたんぱく質を摂取することもできます。

さらに納豆に含まれるナットウキナーゼは血液をサラサラにし、血流をスムーズにする効果があります。またアミノ酸には脂肪燃焼効果が期待できます。

  1. 納豆は20分前から冷蔵庫から取り出し室温に戻す
  2. よく混ぜ合わせる
  3. 小さじ2杯の酢をいれる

大豆イソフラボンの過剰摂取は体に悪影響を与えるおそれがあるため、多くても1日2パックまでにとどめましょう。