ダイエットで運動をしないメリット

ダイエットとは「一生続ける生活習慣」です。痩せてからも、体形を維持するために続けねばなりません。長時間の運動や厳しい食事制限など過激なダイエットは、長時間続けることが難しくリバウンドのリスクが高いです。

 

 

痩せてからも体形を保つコツは、続けられるダイエットに取り組むことです。このため運動に比べて続けることが容易な食事制限で脂肪を減らすことをおすすめします。ある程度脂肪を減らし、プロポーションに不満な点があれば、運動で引き締めるとよいでしょう。

 

 

睡眠時間を確保する

ダイエットでは食事制限も大切ですが、きちんと睡眠を摂ることも大切です。脂肪燃焼のためには、脂肪燃焼のホルモンを分泌させる必用があります。ホルモンの分泌には自律神経の働きが大切です。そして自律神経を正常にはたらかせるためには、しっかりとした睡眠が大切です。

 

 

ダイエット中は、食事と同じように睡眠にも気を配る用にしましょう。

 

 

痩せる食事を摂る

野菜を積極的に食べる

食事制限と聞くとまずはカロリー制限を思い浮かべるでしょうが、食事を減らしてお腹を空かせるよりは、野菜をたくさん食べることをおすすめします。カロリーや糖質などは考えずに、野菜をたくさん食べることだけ注意しましょう。

 

 

野菜をたくさん食べれば、食べ足りないというダイエット中の不満を解消できます。また野菜から栄養をきちんと摂取することで、甘いものやスナック菓子を食べたい欲求を抑えることができます。野菜はスーパーの総菜でも、冷凍でも、缶詰でも構いません。生野菜にこだわらず、続けやすいかたちで食べるようにしてください。

 

 

炭水化物の量を減らしたんぱく質を摂取する

完全な炭水化物断ちは、身体にどのような影響が出るか分からないためおすすめできません。炭水化物断ちは近年流行したダイエット方法のため、現時点でメリットばかりでも、数十年後はどうなるか不明です。

 

 

しかし炭水化物はカロリーが多く、GI値が高いのも事実です。このため現在食べている炭水化物を減らし、その代わり肉や魚や大豆類などのたんぱく質を食べることをおすすめします。

 

 

野菜をたくさん食べ、お肉と炭水化物もほどよく食べる。当たり前の話ですが、これ以上に健康も美容も考えられるダイエット方法はありません。

 

 

身体を引きしめたいのなら運動が必用

気になる部位は、運動で引きしめる必用があります。食事制限だけで、体重を落としスマートな体形を手に入れることは可能です。しかしほどよく筋肉のついたひきしまった肉体は手に入りません。最後はやはり運動も取り入れなければなりません。

 

 

習慣として続けやすいように運動時間は30秒からはじめることをおすすめします。30秒間の運動を3ヵ月続けて体型が変わらなければ、もう少し時間を延ばしましょう。一生続けることを目標に、ダイエット計画を立てることが体形維持のコツです。