「ダイエット女子はお肉こそ食べるべき」崩れるダイエットの常識

油やお肉は、ひと昔前のダイエットでは絶対にNGだった食品です。しかし筋肉女子やアルデンテ女子などの言葉が流行りだし、女性がよりよいプロポーションを求め出したことからダイエットの常識は変わりました。

現代では、ダイエットではお肉はむしろ率先して食べるべき食品となっています。お肉と野菜だけを食べて糖質を摂らない、肉食ダイエットなども存在します。はたして本当にダイエット中にお肉を食べてもよいのでしょうか。今回は肉食ダイエットの方法と、失敗ポイントと、そして肉を食べない肉食ダイエットの方法をご紹介します。

 

肉食ダイエットとは

肉食ダイエットとは、主食をお肉・魚・ゆで卵などのタンパク質に換え、ご飯やお菓子などの炭水化物や糖質の摂取を控えるダイエット方法です。肉食ダイエットでは脂身の少ない赤身肉を中心に食べます。

お肉だけではなく野菜も考えて食べなければなりません。ただしいも類やかぼちゃなどは、糖質が多く含まれている野菜のため、肉食ダイエットでは避けるべき野菜です。

 

  • 貧血予防
  • 代謝アップ
  • 質のいいタンパク質の摂取
  • 亜鉛不足の解消
  • L-カルニチン不足の解消

 

肉食ダイエットでは上記の効果が期待できます。

 

肉食ダイエットの失敗ポイント

肉食ダイエットは糖質を控え、その分お肉をたっぷり食べるダイエット方法です。食習慣を変えるため、体調に多少の変化はあるようです。

多くの人がデメリットとして挙げているのは、金額の高さです。野菜やお米に比べるとお肉は高いですから、ダイエットにかかる金額を想像して、お肉ダイエットを諦める人も多いようです。

次にあげているのは、糖質不足による集中力の低下です。糖質制限ダイエットでも、脳の集中力低下はよく指摘されるポイントです。一方で糖質制限ダイエット支持者は、炭水化物を抜けば血糖値が一定になるため、むしろ集中力は上がるという主張しています。

集中力に関しては、専門家によって言っていることがまったく違うため、自分で試して確認するしかないようです。

 

肉を食べなくても肉食ダイエットができる?

おいしいお肉をたくさん食べて痩せる肉食ダイエットは、夢のようなダイエット方法です。しかし金銭面や集中力低下の面から諦めてしまう人も少なくありません。そもそもお肉が嫌いな人は、挑戦することすらできません。

なんとか金銭面や集中力を気にせずに、肉食ダイエットに挑戦することはできないのでしょうか。

そんなお肉を食べずに、肉食ダイエットのよいところだけ取り入れたい人におすすめなのが、L-カルニチンが配合されたサプリメントです。

L-カルニチンは赤身肉に多く含まれる栄養です。L-カルニチンが不足していると、いくら運動で体を動かそうとも、脂肪がエネルギーに変換されることはありません。食事制限をしているのに痩せない、運動をしているのに痩せないという人は、L-カルニチン不足の可能性があります。

肉食ダイエットのポイントは、良質なたんぱく質摂取と、このL-カルニチンの摂取にあります。

このためL-カルニチンをサプリメントで摂取することは、お肉の脂肪燃焼効果のある栄養を効率よく摂取することと、ほぼ同じ意味があります。

L-カルニチンがたっぷり含まれたNatural Burn(ナチュラルバーン)には、唐辛子エキスとショウガエキスが配合され、身体を温める効果も期待できます。

肉食ダイエットに興味はあるけど、挑戦する勇気がないという人は、ぜひサプリメントでL-カルニチンを摂取してみてはいかがでしょうか。