お尻の穴でダイエットができる?

整体師:久嬢由起子さんが考案した「肛筋ストレッチ」は、肛門周りの筋肉を鍛えるだけでボディメイクが出来る画期的なストレッチ。

方法も簡単で1日8秒×3回、肛門を意識して締めながら、ストレッチをするだけです。

そんな馬鹿なと思ってしまいそうになりますが、九嬢さん自身も10kgのダイエットに成功しており、説得力があります。

 

 

お尻の穴でダイエットのメカニズム

あなたは肛門に力を入れることができますか。できるのであれば、試しに力を入れてみてください。おしり全体から太もも・腹筋・背筋まで後ろの筋肉が使われている感覚はありませんか。

 

感覚の通り、筋肉は大陸プレートのようにひとつひとつ重なり合ってつながっています。

肛筋を鍛えれば、まず歪んだ骨盤が元の位置に戻ります。次に元に戻った骨盤にくっついている筋肉も促されるように正しい位置に戻ります。先ほどいったように筋肉は大陸プレートのように重なり合っていますから、お尻・太もも・お腹・背中すべての筋肉が連動して戻っていくのです。

 

これか肛筋を鍛えるだけで全身のボディメイクが出来るメカニズムです。

 

 

肛筋のゆがみは骨盤のゆがみ

肛筋のゆがみは骨盤のゆがみだと考えてください。大体の日本人は骨盤がゆがんだ後、後傾していることが多いです。後傾してしまうと猫背になりやすく、猫背になると腹筋が使いづらくなります。

このため痩せているにも関わらず下腹だけがぽっこりと弛んでしまいます。

 

また筋肉は連動しています。衰えた筋肉には、また別の筋肉がフォローに入ります。衰えた背中や下腹の筋肉を支えるために、他の筋肉が使われ太くなっていく嫌なスパイラルに陥ってしまうのです。

 

 

ペン一本で肛筋に力を込められるか確認

今まで肛筋を意識したことなんてトイレに閉じこもっているときぐらいではないでしょうか。慣れないうちは勘違いし他の筋肉に力を入れてしまっている可能性もあります。

この勘違いした状態ではいくら鍛えても無意味です。

まずは自分が正しく力を込められるか、ペンを使って確認してみましょう。

 

【確認方法】

1,正しい姿勢で自然に立つ

2,肛門に軽く触れる程度にお尻の割れ目にペンを指し込み、肛筋に力を込めてぎゅっと挟み込む

3,そのまま8秒キープ

 

 

8秒間ペンが落ちないあなたは、肛筋が正しく使えています。この肛筋を使う感覚を身につければボディメイクの基本は完了。

後は簡単なストレッチでボディを作ることができます。ストレッチでなくても、日常的にこの肛筋の収縮と弛緩を繰り返すだけでも効果がありますよ。

気になった方は、「やせたいなら肛筋を鍛えなさい」著者久嬢由起子 KADOKAWAでさらに詳しく知ることができます。