腸内の状態はダイエットと大きな関係がある

 

腸内環境が良ければ太りにくくなることをご存知ですか。ダイエットはカロリーを減らしたり、運動をするだけでなく腸内環境も重要なポイントなのです。

 

腸内環境が悪いと腸が正常に働かなくなり、排便をスムーズに行うことができなくなります。便秘はダイエットの大敵であるだけでなく、お肌にも大きな影響を及ぼします。

 

腸内環境を整えることで痩せやすい身体と美肌を手に入れてしまいましょう。

 

腸内には100種類以上の細菌が住んでいる

 

腸内には100種類以上の細菌が住んでいます。そのは細菌は、人間にとって有用であるかないかの観点から、善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けられています。

 

善玉菌

 

消化吸収を促し、健康維持や免疫力を高める有益な働きをしてくれる菌。乳酸菌やビフィズス菌、ルミノコッカス、コプロコッカスなどがあります。

 

悪玉菌

 

健康に悪影響を及ぼし、便秘や肌荒れの原因となる菌。腸内で腐敗物質やアンモニアといった有害物質を作り出し免疫力を低下させ発がんにも関係あると言われている。大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌などがあります。

 

なぜ腸内環境がダイエットに関係あるのか

 

なぜ腸内環境がダイエットに関係あるのでしょうか。善玉菌が減って悪玉菌が増えると、善玉菌が働きにくくなってしまいます。それによって栄養を効率的にエネルギーに変えにくくなってしまうのです。便秘や下痢にもなりやすくなり、有害物質が腸から血液に溶けて全身を回るので肌荒れにもなってしまいます。

 

善玉菌の中には、バクテロイデーテス類と呼ばれる、脂肪の吸収を抑えてくれる菌やファーミテス類と呼ばれる栄養を効果的に吸収してくれる菌のおかげで代謝が良くなると考えられています。

 

善玉菌を増やすには

 

それでは、どのようにして善玉菌を増やせばよいのでしょうか。

 

まずは、善玉菌を多く含んでいる食べ物を積極的に摂取するようにしてください。手軽に食べられるものとして「ヨーグルト」があげられます。その他にも「ぬか漬け」や「キムチ」、「味噌」や「納豆」などもおすすめです。

 

善玉菌ではありませんが、「オリゴ糖」は、善玉菌のエサとなりますので、しっかり摂取するようにしてください。オリゴ糖を多く含んでいるものには、「バナナ」、「ハチミツ」、「きな粉」、「インゲン」などがあります。

 

食事からとるのがなかなか難しいという方は、サプリメントで補うこともできます。

 

まとめ

 

ダイエットや美肌に強い影響を及ぼす腸内環境。最近の研究では、腸内環境は免疫力だけでなく性格やうつ病にも関係していることがわかってきました。

 

善玉菌をしっかり増やして健康と美しさを手に入れましょう。