色は思っているよりもたくさんの影響を脳に与えます

 

赤、青、黄色、たくさんの色がありますが、あなたの好みはどんな色ですか。色には、人間の脳にさまざまな影響を与えることが、色彩心理学の研究でわかってきています。そんなたくさんの色の中から、ダイエットにも効果が高いと考えられている色を選んで、上手くダイエット効果を高めてみましょう。

 

 

色が人間の脳に及ぼす影響

 

地球上の世界にはたくさんの色があふれていますが、レストランなどの食料品を扱うお店では、赤や黄色、オレンジなどの暖色系が多く使用されています。それは暖色が、私達の脳に食欲を増加させる効果があるからです。

 

そんな色の影響をしっかりと考慮してダイエットを成功させていきましょう。

 

 

 

感情の興奮や刺激をもたらすと言われている色です。

 

欲望を刺激し、挑発的、誘惑的で食欲を大いに刺激すると考えられているため、レストランや食料品店で大いに多用されています。

 

モチベーションを高めるために効果的な色なので、ダイエットのための運動をする時に赤色のウエアを着ると効果的です。

 

購買力も高めてしまう色なので、食料品を買う時に赤のバッグやお財布をもっていかない方がよさそうですね。

 

 

 

 

自然光に近い色で、希望や幸福感などを与えてくれる色です。

 

楽しい気分にさせる色なので、つらいダイエット期間中に身に着ける洋服の色を黄色にしてみると良いでしょう。ダイエット中でも明るい気分で過ごすことができます。

 

また、消化器官を活発にさせる作用があると考えられているので、便秘がちな人はトイレのインテリアに取り入れてみると効果的です。

 

 

 

精神を落ち着かせる作用があると言われている色です。鎮静作用があり、冷静さを与えてくれます。ストレスを軽減させるとも考えられているのでリラックス効果が高いようです。

 

食事をする部屋を青色のインテリアに変えましょう。落ち着いてゆっくりと食事を楽しむことができます。

 

暴飲暴食が減ることでダイエット効果が出ると考えられます。

 

 

 

 

着やせ効果の高い色で、ダイエットが必要と考えている方には便利な色ですが、エネルギーを低下させてしまう色でもあるので、臓器の活動を抑えてしまい、代謝能力が下がると考えられます。ダイエット中には身に着けない方が良い色です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

私達人間は、思っている以上に色から影響を受けていると考えられています。色の効果やパワーを存分に活かしてダイエットだけでなく生活にも上手く活かしていきましょう。