2005年に大流行した寒天ダイエット


2005年に放送されたTV番組で爆発的に流行した「寒天ダイエット」。一時期どこのスーパーの寒天も売り切れになり、2週間待ちなど当たり前でした。

調べてみると1990年代にはすでに注目されていたダイエット食品だったようです。

寒天ダイエットは話題になっただけあって、カロリー制限という点において非常に優秀なダイエット方法です。
あらためて寒天ダイエットの方法を今回ご紹介いたします。

 

 

寒天ダイエットとは


食事10分~30分前に寒天を食べるという簡単なダイエット方法です。
寒天は胃の中で膨らむため、満腹感を感じることができます。食事前に寒天を食べることで食べ過ぎを防ぐ効果があります。また食事前に食物繊維を摂取することで、糖や脂肪の吸収を抑える効果があります。
寒天は0kcalのため、食べすぎて太る心配もありません。

 

 

寒天ダイエットのメリット

寒天には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維は、「血糖値の上昇を防ぐ」などの効果が期待できます。
不溶性食物繊維は、「デトックス」「腸を刺激して便秘解消」などの効果が期待できます。

 

さらに寒天にだけ含まれる「アガロペクチン」には、「美肌効果」「紫外線から肌を守る」「抗がん作用」「コレステロール値低下」の効果が期待できます。

 

寒天は材料によって味を変えることができるため、味に飽きません。濃厚な味の寒天が食べたくなったら、無糖ココアでチョコ寒天を作ることもできます。
忙しくて寒天を作れない人は、市販の寒天でも代用できてお手軽です。

 

 

ズボラさん向けの寒天ダイエット方法

 

スープやお茶に溶かして飲む

熱いスープに寒天を溶かして飲むのも有効です。胃のなかで冷えて固まるので、空腹を和らげることができます。
間食防止のために、お茶に寒天を溶かして飲むのもよいでしょう。

 

電子レンジで寒天を作る

寒天を作るのにお鍋を使う必要はありません。熱いお湯で溶かして、追加で電子レンジでチンすればしっかり溶けてくれます。
マグカップで作ればちょうどよい量ができます。

 

 

寒天ダイエットの注意

・寒天の1日の摂取量は6g程度です。
・食べすぎると消化不良や下痢の原因になります。また寒天は必用な栄養も吸収して排出するおそれがあります。食べ過ぎは絶対にやめましょう。
・寒天はたくさんの水分を吸収してしまいます、たっぷりの水分摂取を心がけましょう。
・寒天はカロリーがありませんが、栄養もありません。寒天だけ食べていると栄養失調になる可能性があります。

 

 

変わり種寒天料理

 

サラダの食感アクセントに糸寒天

お湯に溶かさず糸寒天をそのまま使います。
海藻サラダなどの食感アクセントに使うとよいでしょう。

 

寒天混ぜご飯

いつもと同じようにお米と水をセットし、その中に寒天を投入するだけです。
食感がもちもちになり、腹持ちもよくなります。

 

ホットケーキに寒天

ホットケーキミックスに少量の寒天を混ぜて作ると、醒めてももっちり美味しいケーキになります。
リンゴや梨のコンポートを寒天だけで固めると不思議な食感のケーキにもなります。

 

料理サイトで数多くの寒天レシピが提案されています。
寒天ダイエットで新しい寒天料理に出会うのも楽しそうです。