ストレスなくカロリーカットができる

ダイエットで食事のカロリーカットは大切です。そこが簡単にできたら、自分の体型にこんなに悩んでいる人はいないでしょう。さらに食事は忙しい日々のストレス発散のオアシスでもあります。なるべくならいつも通りの食事で痩せたいところです。

 

そこでご提案するのが「かさまし食材」です。いつのも料理に低カロリーの「かさまし食材」を混ぜれば、いつもの食事量で負担なくカロリーを減らすことができます。今回は少しの工夫でカロリー制限できる「かさまし食材」をご紹介します。

もやし

かさまし食材の代表ともいえる食材です。麺類、ごはん、野菜炒めなど様々な料理のかさましとして活用できます。量も多く、食物繊維も豊富で、なにより安いため、金欠のときなど活用している人も多いのではないでしょうか。難点をあげるとすれば、賞味期限が短いこと。食べる量が少ない1人暮らしにはつらい食材かもしれません。

 

解決方法は2つあり、1つは冷凍保存することです。食感が多少変わるので、シャキシャキ感をもとめないスープなどの具材として使うとよいでしょう。もう1つの方法は、タッパーにもやしをいれて水をひたひたになるまで入れることです。水は毎日取り換えれば3日から長くて一週間は保存することができます。

 

 

はんぺん

白身魚から作られた「はんぺん」は、身体にかかせない栄養である「たんぱく質」が豊富に含まれており、さらに不飽和脂肪酸のひとつであるDHAも豊富です。しっかりした歯ごたえの料理よりも、卵焼き、春巻き、肉団子などふんわりとした食感の料理に混ぜるとふわふわ感が増しますよ。

 

 

切り干し大根

煮物だけではなく、ハンバーグ、つくね、餃子などのひき肉料理や、炊き込みご飯のかさましにも使うことができる「切り干し大根」。生の大根と比べると約10倍ほどの栄養が含まれ、旨味がぎゅっと閉じ込められているため、料理のアクセントにもなります。
切り干し大根を水で戻す手間が面倒という人は、まとめてもどして冷凍保存すると手間が減らせます。もどして冷凍保存した場合は、賞味期限は約2週間ですのでお気をつけください。

 

 

しらたき

100gで約6kcalと低カロリーの食材。洗ったしらたきをみじん切りにし、お米と一緒に炊けば炭水化物の摂取を簡単に抑えることもできます。

 

 

麩はナトリウムや亜鉛などのミネラルが豊富な食材です。煮物や鍋に入れると、旨味をたっぷり吸って食べ応えが増します。溶けたバターと砂糖で混ぜて焼くとラスクに、混ぜた牛乳と卵にからませて焼けばフレンチトーストに、とダイエット中のおやつにもなってくれる優れものです。

 

 

まとめ

かさまし料理レシピは日々増えていますが、新しいレシピと毎日にらめっこしながら料理をするのは大変。そのためご紹介した「かさまし食材」は、新しいレシピを探さずに、あなたがいつも作っている料理に混ぜることをおすすめします。いつも食べている料理の味や食感がこんな風に変わるのかという発見もあり、おもしろいですよ。