人付き合いが苦手でもスポーツを始めたい人たちへ

学生時代にインドアだった人が、ダイエットで運動を始めるのは難しいです。どんな運動に取り組めばよいのかも分かりませんし、もともと運動が苦手な人も多いです。

集団行動が苦手だった人が、いきなりサッカーやバスケットなどチームスポーツに挑戦するのはハードルが高いです。またチームスポーツでなくとも、ヨガやピラティスなどの大人数で行うスポーツが苦手な人もいます。

今回はそんな人たちにおすすめできる1人で取り組めるスポーツをご紹介します。スポーツが楽しくなれば、それをきっかけに身体を動かすのが楽しくなりますよ。

ウォーキング・散歩

もっともお金をかけずに手軽にできる運動がウォーキングです。長時間低負荷の運動を続けると、全身の血流がよくなり、脂肪燃焼だけではなく肩こり・腰痛・疲労回復などの効果があります。

外を歩くためメイクやシャワーなど悩む点も多いですが、習慣になればダイエットだけではなく美容面や健康面への大きな効果も期待できる運動です。

ウォーキングに慣れてきたら大会に出たり、マラソンに挑戦してみたりするのもよいでしょう。また歩く楽しさに気が付いたら、登山などに挑戦するのもよいかもしれません。

 

ボーリング

ひと昔前に一世を風靡したスポーツで、全国にボーリングを楽しむ施設があります。ボーリング場でレーンを借りれば、1人で黙々と練習することができます。ボウリングのコツなどは、YouTubeなどの動画で調べることが簡単にできます。

難点はダイエット効果があまりないことです。二の腕痩せの効果は期待できますが。ウェストや下半身の引き締めはあまり期待できません。ただしスポーツを楽しむきっかけとしておすすめです。

1人でレーンを借りるのは勇気がいりますが、上達すれば見られるのも快感に代わります。

 

ボルタリング

人工的に作られた壁を上る近年人気が高まっているスポーツです。体幹や二の腕を鍛える効果が期待できます。ボーリングと比べるとダイエット効果が高いです。

ボルタリングといえば腰に命綱をつけて上っているイメージがありますが、それはかなり高く上る場合です。多くのボルタリングジムでは、最初の1回は説明をうける必要がありますが、それ以外は1人でもくもくと上る練習をすることができます。

 

ロードバイク・サイクリング

天候に左右されるスポーツですが、そのぶん新しいお店を開拓したり、近場の観光地を巡ったりと、他のスポーツにはない楽しみを増やせます。

毎日の習慣として同じ道を通るのもよいですし、インスタグラムなどの投稿を参考にゴールを決めて出発するのもよいでしょう。