運動が苦手な人のために

痩せるだけではなく、美しいプロポーションも求めるならば運動は不可欠です。美しい身体は、スムーズな体のめぐりと筋肉の土台によって作られます。有酸素運動も無酸素運動もプロポーション作りのためにはそれぞれメリットがありますが、両方取り組むには忙しい現代人には時間が足りません。

 

やみくもに運動を続けても効果が出なければ、すぐに飽きてしまいます。はじめて運動に取り組むならば、何からはじめたらいいかご紹介します。このページを読めば自分に合った運動の始め方がわかります。

 

 

時間があるなら有酸素運動がおすすめ


運動のために30分程度時間が取れるならば、ウォーキングやヨガなどの有酸素運動からはじめることをおすすめします。有酸素運動は食事制限と比べるとカロリー消費は少なくダイエット効果はそれほどありません。しかし凝り固まった体をゆるめ、全身の血行を促進する効果があるため、肩こりや腰の痛みなど身体の不調を整える効果があります。
続けることにメリットを感じると、人はその習慣を積極的に根付かせようとします。現代人がかかえる不調を整える効果のあるウォーキングやヨガ、続けやすい習慣といえます。

 

 

飽きっぽい人は日々色々な運動に取り組むとよし


毎日同じトレーニングメニューは、飽きっぽい人には続けにくいです。インターネットが発展した現在は、ヨガのポーズや筋肉トレーニングのメニューなど数多くの運動を調べることができます。毎日違う種類の運動に取り組めば、飽きっぽい人でも続けやすいです。

 

 

筋肉トレーニングはまずは気になる1点を


身体を鍛えるために隙間時間しかないのであれば、短時間で取り組める筋肉トレーニングがおすすめです。「毎日違う部位を鍛えたほうがいい」や「2・3日置いて鍛えたほうがいい」など筋肉トレーニングの決まりが様々あります。しかし習慣にするという点から考えると、「まずは毎日簡単なトレーニングを1つだけ取り組む」ことがおすすめです。
習慣づいていないうちに休日を作ってしまうと、取り組む日にちを忘れてしまったり、用事を言い訳にサボってしまったりと、なかなか運動が習慣づきません。「こんな簡単でいいのかな」と思えるほど簡単なことを、毎日続けることからはじめたほうが運動は習慣づきやすいです。毎日続けることに慣れてきたら、徐々に負荷を増やせば体を鍛えることもできます。

 

 

本気で痩せたいのならSNSで運動の記録をつける


毎日運動記録をつけると、達成感を味わえるため運動が続けやすくなります。記録のつけかたはノートやスケジュール帳など様々なものがあります。本気で運動に取り組み、身体を鍛えたいのならば、運動の記録はSNSでつけるのがおすすめです。第三者に運動の継続状況が知られるというのは、想像以上にプレッシャーとなり運動を続ける理由になります。

 

 

ダイエット記録付けは、知り合いとつながっているSNSアカウントを使うことおすすめします。知り合いに知られたくないという人は運動専用にSNSアカウントを作っても効果はあります。積極的にアカウント登録し、同じく運動を頑張っている人とつながるとよいでしょう。