○○kg減量を決意しても痩せない理由

 

よーし3ヵ月で5kg痩せるぞ!と決意し、部屋の見えるところに目標を書いた紙を張り付けたのになぜか痩せない。
いつまでたっても目標に近づけなくて、いつしか紙を見ないようになり、1ヵ月をきったら視界にも入らなくなって、そのまま半年。

あるあるある、とうなずく人も多いはず。

これ目標の立て方そのものが間違っている可能性があります。
あなたにあった目標を立ててみましょう。

目標のまえにミニ目標が必要

「3ヵ月で5kg痩せる」をなぜ目標として立ててはいけないのか。

理由は1つ。

「食事制限や運動を行ったとしても、本当に5kg痩せるか分からないから」です。むくみがひどくてマッサージを行う必要があったり、体調を崩してうまく痩せられなかったりします。
本人のどうしようもない部分で失敗してしまうと、以降のモチベーションにも影響します。

成功させやすくするためには、現在と「5kg痩せる」という目標の間に、さらにミニ目標を設定しましょう

 

 

「やったら勝てる勝負」でミニ目標を立てる

ミニ目標とは、「毎日ウォーキングをする」や「摂取カロリーを○○kcalに抑える」といった、「やる」か「やらないか」で達成できる目標です。

「毎日10km走る」など具体的だけれども、達成するのが難しい目標は設定しないでください。ミニ目標は実行すれば必ず成功するものを設定してください。勝てる勝負に挑みましょう。

 

 

経過観察を経ての目標変更を繰り返す

ミニ目標がこなせるようになったら、どのように体重に変化があったのか確認してください。

大体どれくらいで痩せられるか予想が立てられるようになっているはずです。ただその予定も停滞期などがあるため、絶対のものではありませんので、安易に「○○日まで」と期日を決めないようにしましょう。

痩せるためにさらなる運動や食事制限が必要であれば追加してください。

「5kg」痩せるという目標はRPGでいうところのボスです。ボスを倒すためには新しく武器を買いなおしたり、これまでの装備を捨てる必要があります。ボスにも弱点はありますから情報収集も大切です。

こう考えると「3ヵ月で5kg痩せる」という目標の3ヵ月がどれくらい曖昧なものだったのか伝わるかと思います。

 

 

達成できなかったらさらに小さな目標を立ててみよう


時にはミニ目標でさえ達成できない場合があるでしょう。そのときは自分を責めることはやめてください。思考の無駄遣いです。対策としてミニ目標にさらなるミニミニ目標を設定する必要があります。

目標

5kg痩せる

ミニ目標

毎日の1200kcalに抑える 達成済み → 継続
毎日ウォーキングをする 未達成 → ミニミニ目標設定

ミニミニ目標の例

毎日、運動靴に履きかえる。(1週間継続)

 

 

ミニミニ目標が苦も無くこなせるようになれば、再びミニ目標に挑戦しましょう。もしくは「運動靴を履いて外に出る」などの新たなミニミニ目標を設定してもよいです。

何度もいいますが勝てる勝負を繰り返しましょう。
勝ち続けることそのものがモチベーションアップにつながります。