ダイエットのつらい気持ちを乗り越える方法


人間は習慣を変えることにストレスを感じる生き物です。食事制限や運動など、これまでと違う習慣に取り組まないといけないダイエットはストレスの宝庫です。ついつい、つらい気持ちに負けて、サボったり食べてしまったりすることは誰でもあるのではないでしょうか。なんとかこのつらい気持ちを乗り越える方法はないのでしょうか。

 
ダイエットのなかでもつらく感じるのは「食事の我慢」と「理想と現実の自分のギャップ」です。今回はこの2つを乗り越える方法をご紹介します。

食べるのを我慢しないといけないのに出来ません


実は食事制限の解決方法は非常に簡単です。ダイエットを成功させたいのであれば我慢をやめましょう。正確にはできない我慢をやめて、できる我慢の方法を探してください。

 

間食をまったく食べないのがつらい人は、アーモンドやドライフルーツなど美容に良いものを食べるなど我慢の内容を変えましょう。どうしてもチョコレートや飴が食べたい人はカロリーカットのお菓子を食べるようにするとよいでしょう。

 

そして食べたあとに心の中で「満足」と唱えましょう。「ダイエット中だから食べたい物を食べられない」と何かを食べるたびに考えてしまうと、ダイエットに嫌気がさして続かなくなります。

 

できない我慢よりもできる我慢のほうが長続きします。カロリーを少ししか減らせなくても、長期的にみるとできる我慢をつづけたほうがダイエットは成功します。

 

 

理想と現在の自分を比べてしまいダイエットがつらいです


痩せてワンピースを着て都心の街を闊歩する自分など、ダイエットでは目標を設定することは大切です。ですがその目標の高さゆえに、現在の自分と比べてつらいと感じる人がいます。

 

そういった人は、未来の目標と現在の行動が繋がっているイメージを持つようにしましょう。ダイエットでウォーキングを続けているのであれば、この1歩1歩が理想の自分に繋がっていると信じてください。

 

 

理想と現実のギャップで苦しんでいる人は、ダイエットを続けていても「ケーキを1つ我慢するだけで何になるんだっていうんだ」と心のどこかで冷めた感情を抱きながら取り組んでいます。

 

しかし実際には、すべての物事は小さな行動の積み重ねであり、その行動は確かに理想の未来に繋がっています。ただその人たちは、そういう考え方をすることが習慣になってしまっています。このため現在の行動が理想の未来に繋がっているとイメージを「意識的」の持つようにしてください。

 

 

まとめ

ダイエットでつらい気持ちや嫌な気持ちを味わっている人は、そのような気持ちを抱かないようにする工夫が必要です。食べるのを我慢できない人は、食べる物を代えてカロリーカットを行いましょう。現実の自分と理想の自分のギャップに苦しんでいる人は、現在の自分の行動が理想の未来につながっていることを「意識的」に考えるようにしましょう。