空腹を減らせば誰でも痩せられる

1日の「空腹になる回数」を減らせば、だれでも体重を落とすことができます。私たちが太ってしまうのは「食べ過ぎ」が原因です。食事を多く食べ過ぎてしまう、間食を摂りすぎてしまう、「食べ過ぎ」さえなければ太ることはありません。

 

空腹とは食べ物に対する飢えです。ダイエットの観点から見て理想的な飢えの満たし方は、「少量の食事」で満足することです。そしてその満足感が続けば空腹になる回数は減り、比例するように間食の回数も減らすことができます。今回は「満足感が続く少量の食事」のコツについてまとめてみました。1日3食の食事が満足できるようになれば日々が楽しくなります。毎日の充実のためにも、食事を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

「満足できる食事」とは何か

「お腹いっぱい食べる」だけで満足できればよいのですが、物事はそう簡単な話ではありません。一般的には「食事の満足」とは「お腹がいっぱいな状態」だと考えられています。しかし激しい運動の後などは胃が空っぽでも何も食べたくないときがあります。逆にお腹がいっぱいでも、甘いお菓子や大好物の食べ物が出されたら「別腹」でぺろりと食べきてしまうこともあります。

 

最近では満足感には「血糖値」が関係しているともいわれていますが、血糖値を上げにくい食事を摂っていてもストレスから暴飲暴食に走ってしまうことがあります。このように満足とはホルモンや内臓の状態だけではなく、精神的な状態も関わってきます。つまり「満足が続く食事」とは、精神的な満足感も得ることができる食事でもあります。

 

 

「満足できる食事」摂るためにできること

「存分にリラックスができる食事時間」を用意すること

たっぷりと時間をかけて、身体の力を抜くことができる食事であることが大切です。このため食事の時間は出来る限り長くとるようにしましょう。スマホやテレビも消して、意識的に頭を空っぽにして食事に集中できるようにするとよいでしょう。
食事の時間にリラックスするためにはホルモンのバランスも大切です。睡眠をしっかりとり人間関係のストレスを減らす工夫をしましょう。満足できる食事を摂るためには、食事以外の時間も充実させるとよいでしょう。

 

「肉体的に満足できる食事」とは

栄養バランスが整った食事を摂りましょう。栄養バランスは「食べ過ぎ」に深い関係があります。どんなにたくさん食べても、足りない栄養があると肉体は満足できません。栄養を補うために、また食事を摂るように脳から指令を出します。

 

「精神的に満足できる食事」とは

精神的に「たくさん食べた」と感じさせることが、満足が続く食事のコツです。「たくさん食べた」と感じさせるためには、時間をかけてたくさん噛むことが必要です。噛む回数が増えるよう、歯ごたえがある食材を用いるとよいでしょう。また温かい食事を用意すれば、ゆっくりと時間をかけて食べることができます。

 

人間は視覚が発達した生き物ですから、器やランチョンマッチョにも気を遣い見た目を充実させることも大切です。パン、ご飯、パスタ、うどん、など主食に変化を加えると新鮮な気持ちで日々の食事を食べることができます。

 

まとめ

よく噛んで栄養バランスの整った食事を、リラックスしながらゆっくり食べる、昔から大切だといわれていることですね。満足が続く食事を摂るためには、当たり前のことに注意を払うことが必要です。

 

忙しい社会人が完璧な食事を摂ることは非常に難しいです。まずは今よりもう少しだけ食事に時間をかけるよう意識してみてはいかがでしょうか。