あとで後悔する「食べないダイエット」

プロポーションが気になりはじめたら「まずは食事を減らして痩せよう」なんて考えていませんか。確かに「炭水化物断ちダイエット」や「置き換えダイエット」などで摂取カロリーを減らせば、体重を減らすことができます。しかしホルモンバランスの崩れやエネルギー不足など、食べないダイエットはメリット以上に大きなデメリットが発生してしまうダイエット方法です。

 

今回は食べないダイエットのデメリットをご紹介します。これを読めば「必用な栄養を摂取して、適度な運動で痩せる」とダイエットでいわれている当たり前のことが、どれほど大切なことか分かるはずです。

代謝が落ちる

食事量が減ってしまうと代謝が落ちてしまいます。「食べないダイエット」でカロリーと栄養が足りない状態が続くと、身体は消費カロリーを抑えようとします。少ないカロリーでも効率よく体を動かせるように省エネ状態に陥るのです。このため食べないダイエットを続けると摂取カロリーを減らしているのに予想以上に痩せない、ということがおこります。
そのまま省エネ状態が続くと、身体は筋肉を燃やし始めます。さらに続けると脂肪を燃やし続けるのですが、これはかなりハードなダイエットで、トレーナーをつけずに取り組むのは危険な方法です。やみくもに食べるものを減らすダイエットは、期待以下の結果だけしか残りません。

 

 

間食が増える

食事量を減らすダイエットは、摂取カロリーを抑えることもできますが、同時に筋肉や肌などを作るための栄養も減らしてしまいます。
栄養不足だと判断した脳は、身体に食事を摂るように指令を出します。指令を受けた身体はなんとなく口寂しく感じ、食べ物を口にしたくなります。指令を受けて栄養を含んだ食べ物を摂取できればよいのですが、大体は手軽に食べられる甘いものやスナックを食べてしまうことになります。食べないダイエットよりも、食べるダイエットのほうが、ストレスなく摂取カロリーを抑えることができます。

 

 

美しい肌や筋肉を作る栄養が足りない

美しいプロポーションのためには筋肉が必用です。しかし食べないダイエットでは、筋肉を作るために必用なたんぱく質の摂取量も減らしてしまいます。また肌の新陳代謝ではたらく栄養も足りないため、食べないダイエットを続けるとくすんだガサガサの肌になってしまいます。痩せるだけではなく、美しさのことも考えるのであれば、食事はしっかり摂りましょう。

 

 

体力が落ちると活力がなくなる

カロリーは身体を動かすエネルギーになります。過激なカロリー制限は、身体を動かすためのエネルギーも足りなくなってしまいます。そのため「疲れがとれない」「常に眠たい」「身体が重たい」などの不調につながります。
身体の不調は精神にも影響を与えます。仕事の効率が落ちたり、何をするにも面倒くさくなったり、と生活にまで影響を与えてしまいます。ダイエットに食事制限だけではなく運動も取り入れたいのであれば、身体を動かすエネルギーも考えて食事を摂るようにするとよいでしょう。

 

 

食べないより「しっかり寝る」

食事を減らして摂取カロリーを抑えるよりも、しっかり睡眠を摂るように意識を向けましょう。カロリー燃焼のためにはホルモンの分泌が大きく関わります。ホルモンの分泌が大きく乱れてしまうと、いくら摂取カロリーを抑えようとも、脂肪がきちんと燃えません。

 

質の良い睡眠はホルモンバランスを安定させます。食べずに痩せようとするよりも、しっかり寝て痩せようとしたほうが、集中力も増し生活に活力を与えます。

 

 

食べないよりも「栄養があるものを食べる」

「摂取カロリーを減らすために食べない」よりも、「必用な栄養を摂るために食べる」ダイエットに切り替えましょう。炭水化物とたんぱく質は必用な量だけを摂取し、それでも少ないと感じる場合は野菜で補います。野菜は低カロリーでありながら、身体を運営するために必用な栄養を摂れる食品です。なんでも我慢して食べないよりも、ごはんもお肉も食べて野菜はたくさん食べるダイエットのほうが、美容にも健康にもよいダイエットです。