食べてないのに痩せないのはなぜ

男性も女性も関係なく多くの人が、自らの身体にたくわえられた脂肪に悩んでいます。たくさんの人がダイエットにとりくみ、たくさんの人が失敗しています。なかには、食べるのをいくら我慢しても痩せないという人もいます。

糖質制限や置き換えダイエットなどたくさんの種類のダイエット方法があるのに、ダイエットに成功した人はあまりに少ないです。それは何故でしょうか。今回は、食べても痩せない理由と、本当に成功するダイエットについてご説明します。

脂肪燃焼分のカロリーは計算に加えてる?

痩せるためにはカロリー制限が効果的だと、ただただ食べるのを我慢していませんか。確かにカロリーを摂りすぎると太りますが、摂らなすぎるのも問題です。

なぜならカロリーは脂肪を燃やすエネルギーとしても働くからです。カロリー制限は、「足や腕などを意識的に身体を動かし消費させるカロリー」と「心臓や脂肪燃焼などで無意識に身体を動かし消費させるカロリー」の両方を計算しなければなりません。

そのためには摂取カロリーを極端に減らすよりも、1日の消費カロリーよりもやや少ない程度のカロリーを摂取したほうが、身体は脂肪を落としやすいのです。

 

脂肪燃焼のための栄養は十分に摂取してる?

脂肪燃焼のためにはカロリーも必用ですが、それと同じぐらい栄養も必用です。きちんと体中に栄養が行き渡ることによって、脂肪燃焼ホルモンが分泌され、ようやく身体は脂肪を燃やしはじめます。

極端な食事制限は、栄養不足を招き、脂肪を燃やしにくい身体を作ってしまいます。ダイエット中は、脂肪とともに筋肉も減りやすい時期です。野菜だけではなくお肉やお魚などで筋肉の栄養となるたんぱく質もきちんと摂取するようにしましょう。

また忘れてはいけないのはL-カルニチンという成分です。たんぱく質同様、お肉に多く含まれている栄養ですが、脂肪燃焼には不可欠な栄養です。極端な話L-カルニチンがなければ脂肪が燃焼されません。

カロリーのことを考えるとお肉はそんなに食べられない、そもそもお肉が嫌いという人は、L-カルニチンやタンパク質をサプリメントやプロテインから摂るようにするとよいでしょう。

L-カルニチンが多く配合されたサプリメントは、ショウガエキスやトウガラシエキスも配合されたNatural Burn(ナチュラルバーン)がおすすめです。

 

痩せるためには食事量を変えずに中身を変えなければならない

ダイエットを一時的に成功させるだけであれば、食事の量を減らせば成功できます。しかしあくまでそれは一時的な成功で、食事の量を戻したら、当然体重はもとに戻ります。

永続的に理想の体型を維持するためには、自分が満足できる食事を続けることが大切です。つまり1日3食を十分に摂り、栄養も摂取することです。
そのためには食事の量ではなく、食事の内容から変える努力をしましょう。炭水化物は玄米や黒パンにする。野菜のおかずを多くする。お肉はたくさん食べるけど、脂身は食べない、など改善できる余地はたくさんあります。

すべての栄養を補うのは難しいですから、時にはサプリメントの力を借りるとよいでしょう。特に水に溶けやすい水溶性のビタミンCや脂肪燃焼にかかせないL-カルニチンなど、不足しがちであればサプリメントで補いましょう。L-カルニチン摂取には、Natural Burn(ナチュラルバーン)がおすすめです。

食事に満足できれば間食も減らせます。それでも間食を食べてしまう人は、間食も含め1日の食事内容を計画しなければなりません。