間食してしまうのは「風味」に執着しているから


どんなに強い決意しても間食をやめられない、という女性は多いはず。なぜやめることができないのでしょうか。間食をやめられない理由を「風味を求めているから」と提唱したのがカリフォルニア大学のセス・ロバーツ博士です。

 

そんなセス・ロバーツ博士が考案したダイエットは、1日に複数回オリーブオイルか砂糖水を飲むだけで間食を減らせるという「シャングリラダイエット」です。しつこい食欲を振り払うことができたら、苦労なく数キロは痩せることができそう。今回は不思議なダイエット「シャングリラダイエット」についてまとめてみました。

 

 

オリーブオイルと砂糖水で痩せる秘密①

シャングリラダイエットとは風味のない食品からカロリーを摂取することで、「風味」と「カロリー摂取」のつながりを断ち切るダイエット方法です。

 

博士によれば、間食してしまうのは「風味」が原因とのこと。私たちは風味が味わいたいがために間食をし、カロリーオーバーを繰り返しています。この風味を求める欲求がなくなれば間食をすることをなくなる、というのがシャングリラダイエットの考え方です。

 

オリーブオイルや砂糖水は強い風味がありません。つまり「カロリーを含んだ風味が弱い食品」といえます。この風味の弱い食品を継続して摂取することにより、脳は「風味」に対する執着をなくしていきます。これがシャングリラダイエットで間食を減らせる理由です。

 

 

シャングリラダイエットの方法①体重によって摂取量が変わる

シャングリラダイエットは1日に複数回、オリーブオイルか砂糖水を飲むダイエット方法です。目指す減量体重によって摂取するオリーブオイルと砂糖水の量は変わります。

 

9kg未満 オリーブオイル:大さじ3 砂糖水:大さじ4.5

9~18kg未満 オリーブオイル:大さじ3 砂糖水:大さじ5

18kg以上 オリーブオイル:大さじ3.5 砂糖水:大さじ10.5

 

  • シャングリラダイエット中は、間食はせず水だけを飲みます。ジュースも禁止です。
  • オリーブオイルはピュアオリーブオイルや精製オリーブオイルなど風味のすくないオイルを使いましょう。砂糖水は水350mlに対し、砂糖大さじ1杯の割合です。なるべく風味の弱い市販の砂糖を使用しましょう。

 

シャングリラダイエットの方法②飲む時間

オリーブオイルか砂糖水を飲むのは食後約1時間30分後です。7時30分に朝食を食べた場合、9時ごろに飲みます。12時に昼食を食べた場合、13時30分に飲みます。夕食までに4時間以上時間が空くのであれば、もう一度飲みましょう。

 

シャングリラダイエットの注意点

オリーブオイルも砂糖水もカロリーが含まれています。くれぐれも飲み過ぎにはご注意ください。砂糖水の使用は糖尿病の方にはおすすめできません。

 

医学的根拠

実はシャングリラダイエットにはしっかりとした医学的根拠がありません。このため一部の専門家のなかでも効果を疑問視している人もいます。しかし全米でベストセラーとなったダイエット方法が、まったく効果がないとは考えにくいです。このためえ一定の効果は期待できます。食べ過ぎで痩せられないという方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。