アイスクリームでダイエット?

 

アイスクリームででダイエットできるという話を聞いたことはありませんか?アイスクリームと聞くとダイエットの大敵のようなイメージですが、何と本当に、アイスクリームでダイエットができるという夢のような方法があるのです。

今回は、甘いもの好きな方には見逃せないダイエット方、本当にアイスクリームでダイエットできるのか、また、そのやり方、気をつける点についてご紹介していきます。

 

 

なぜ、アイスクリームでダイエットできるのか

 

アイスクリームは、乳脂肪分が高いのになぜ、ダイエットに向いているの?と不思議に思われる方が多いのではないでしょうか。実は人間は、脂肪をある程度摂取しないと、体が危機感を覚えてかえって栄養分をため込んでしまうと言われているのです。

 

そのため、アイスクリームを食べて脂肪を摂取していきます。うれしいことに、アイスクリームの乳脂肪分は食べるとすぐにエネルギーに消費されるタイプの乳脂肪なので、ダイエットをしている方には、理想的な脂肪分なのです。

 

また、アイスクリームは、炭水化物が少ないので、糖質制限ダイエットをしている方にもおすすめと言われている食品です。タンパク質やカルシウム、ビタミンA,D,Eなどの重要な栄養素もしっかりと含まれており、濃厚な味わいなので満足感も得やすく続けやすいダイエットです。

 

アイスクリームの冷たさもダイエットの味方となります。アイスクリームを食べることによって冷えた身体を温めようとして脂肪を燃やすスイッチが入ってくれます。基礎代謝があまりよくない方でも、代謝を高める成分が豊富なアイスクリームを食べることによって代謝を上げていくことができます。

 

しかも、ハーバード大学の研究によると、アイスクリームの乳糖という成分は体重増加を抑えるという効果もあるようです。

 

 

アイスクリームダイエットのやり方

アイスクリームは、ラクトアイス、アイスミルク、アイスクリーム、氷菓と4つの種類がありますが、これは、食品衛生法に基づいた乳成分の量で分類されています。市販されているアイスクリームには、必ず「種類別」というところに記載されているのでチェックしてみてください。その中のアイスクリームと種類別に書かれているものが、ダイエットには適しています。

 

乳脂肪分を豊富に含んだ質の良いアイスクリームを選びましょう。できたら、添加物の少ない自作のアイスクリームが理想的です。バニラアイスに含まれているバニラは肥満の抑制効果があるともいわれているのでおすすめです。

 

食べるタイミングは、朝食か昼食の置き換えで食べると良いでしょう。ただし、食べる量には気を付けてください。1日につき100gを目安にして食べるようにしましょう。ドライフルーツをトッピングして食物繊維を同時に摂取するのもよい方法です。

 

まとめ

いかがでしたか?もちろんアイスクリームだけ食べていては、美しくやせられませんので、栄養バランスには気をつけることを忘れないでくださいね。

 

このアイスクリームダイエットは、甘いもの好きの方にとって、ストレスコントロールがしやすいダイエット方法です。食べ過ぎには十分注意してぜひともトライしてみてください。