アスパラガスから発見されたアスパラギン酸はダイエットの味方

 

春から初夏にかけてが旬のアスパラガス。グリーンアスパラガスやホワイトアスパラガス、ミニアスパラガスや北海道で栽培されている紫アスパラガスなどの種類があります。このアスパラガスが、ダイエットにピッタリの野菜ということをご存知でしたか。

 

アスパラガスから発見された成分のアスパラギン酸は、脂肪を燃えやすくするといううれしい成分と考えられています。今回は、そんなアスパラガスのダイエット効果について迫ってみましょう。

 

アスパラガスの歴史

 

アスパラガスは、南ヨーロッパからロシア南部が原産と言われています。ローマ時代には栽培が行われていたという、人類とはかなり付き合いが長い野菜です。食用としてだけではなく、薬用としても使われていたと言われています。

 

日本へは江戸時代後半に入ってきましたが、本格的に栽培が始まったのは大正時代になってからということです。

 

アスパラガスの栄養素

 

独特の苦みや甘み、歯ごたえがあるアスパラガスですが、抗酸化作用があるβカロチンやカリウム、ビタミン、ルチンなどがたっぷりと含まれています。特にアスパラガスから発見されたアスパラギン酸は、新陳代謝や疲労回復に効果があるアミノ酸で、代謝をアップさせる成分としてダイエットに効果があると考えられています。

 

アスパラギン酸

アスパラガスから発見されたアミノ酸で糖質の代謝を促す働きがあると考えられています。新陳代謝を活発にするため、エネルギーの消費を増やすので脂肪を燃えやすくするといううれしい作用があります。疲労回復に効果があるだけでなく、お肌や髪の生まれ変わりを活発にする美容にうれしい作用があります。

 

ルチン

アスパラガスの穂先の部分に多く含まれているルチンは、毛細血管を丈夫にすると言われています。血行が促進されることで高血圧や動脈硬化、冷え性が改善されると考えられています。体温が上がることで痩せやすい身体を作っていきます。

 

 

食べ方

 

アスパラガスは、穂先がしっかりと締まっているものを選ぶようにしてください。切り口がみずみずしくハリやツヤがある新鮮なものが良いでしょう。

 

アスパラギン酸は、熱に弱いので加熱し過ぎには注意してください。最近では、柔らかいアスパラガスも販売されているので、生で食べることもおすすめです。ゆですぎや焼き過ぎには注意して炒め物やサラダ、天ぷらなどで美味しく食べてくださいね。

 

グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスは、見た目の色が全く違いますが、栽培方法が違うだけで同じ品種です。そのため含まれている栄養素に違いはありません。ただし日光を浴びて育ったグリーンアスパラガスの方が栄養価が高いようです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

彩りも美しく美味しいアスパラガス。たくさん食べてダイエット効果だけでなく美肌と健康も手に入れてくださいね。