アンチエイジングにも美肌にも効果的なクルミを使ったダイエット

 

硬い殻でおおわれているクルミですが、アンチエイジングや美肌に効果的な成分をたくさん含んでいることをご存知でしょうか?

 

そんなうれしい成分が豊富に含まれているクルミを使ってダイエットに挑戦してみませんか。スーパーなどでも手に入りやすく、お手頃な価格で買えるクルミはメリットがたくさんあるスーパーフードです。

 

今回は食べても美味しいクルミを使ったダイエット法をご紹介したいと思います。

くるみにはどんな栄養が含まれているの?

 

クルミは、100gあたり674キロカロリーもあるカロリーの高い食品です。そのうち脂質が68.8gを占めています。しかし、クルミの脂質は、悪玉コレステロールを減らす効果があるn3系脂肪酸のα-リノレン酸とn6系脂肪酸のリノール酸というところがポイントです。

 

これらのリノレン酸によって血液をサラサラにする効果があるため代謝が良くすることができます。また、食物繊維も多いので便秘を防ぐことも期待できるのです。

 

脂質が高くカロリーも高いですが、糖質含有量は100gあたり4gと低いので糖質ダイエットをしている方にも使える食材です。

 

ビタミンB1、ビタミンEといったアンチエイジングや美肌に欠かせないビタミンも豊富に含んでおり、中国では昔からクルミは髪や潤いのある肌を作ると言われて食べられてきました。

 

クルミがダイエットに向いているわけ

 

クルミに含まれている脂質のα-リノレン酸で、代謝をよくする効果が期待できますから脂肪燃焼効果が高まり、消費エネルギーを多くすることができます。

食物繊維もたっぷりと含まれているので、ダイエットに大敵である便秘にも有効です。小腹のすいたときにおやつ代わりに食べると腹持ちが良く過食を防ぐことができます。

ダイエットをしている時に気を配らねばならない栄養バランスにもクルミは優秀な食材です。タンパク質やミネラルも豊富で筋肉を作ってくれたり、脂質の代謝を助けたりとダイエットに必須の栄養がしっかりと入っています。

 

クルミダイエットのやり方

 

ダイエットに効果的なクルミですが、カロリーも高いので食べ過ぎには注意してください。1日に食べるクルミの量は、5つ程度にしておきましょう。クルミ1つのカロリーが約30㎉ですから、5つで150㎉になります。

 

クルミを食べるときには、食前に食べると効果的です。食前に食べることによってお腹も満たされ、食事量を減らすことができるのです。食物繊維も豊富なので糖質や脂質などの吸収を穏やかにしてくれる作用もあります。

 

クルミを選ぶときには、食塩無添加でなるべく加工されていない物を選ぶと良いでしょう。酸化しやすい食品なので密閉容器で保存するなどの工夫をしてください。冷凍保存もできるのでおすすめです。

 

まとめ

 

アンチエイジングや美肌、ダイエットにも効果的なクルミを使わない手はありません。

 

健康的に痩せることができ、美肌も手に入れることが期待できるクルミダイエット。この秋から始めてみませんか。