カルシウム不足は太りやすい?!

 

人間の体の中で最も多いミネラルと言われているカルシウムですが、そのほとんどが骨や歯の中に蓄えられています。カルシウムは、骨や歯を作るだけでなく、血液凝固、筋肉収縮のコントロール、神経の伝達、血圧上昇、アレルギー作用など私達が生きていくために必要な、あらゆる生命活動に関係しています。

そんなとても大切なカルシウムですが、ダイエットで不足してしまうと太りやすくなってしまうことをご存知ですか。今回は、ダイエットとカルシウムの関係についてご紹介したいと思います。

 

カルシウムは常に失われている

 

食物から摂取されたカルシウムは、いったん骨に蓄えられます。そして必要に応じて血液中にカルシウムを放出し、血液中のカルシウム濃度を保つようになっています。ダイエット中などでカルシウム摂取量が不足することになっても、骨を溶かし、血液中のカルシウム濃度は一定に保たれるようになっています。一方で腎臓はカルシウムを外へ排出してしまうのでカルシウム摂取が足りないと、骨がスカスカになってしまいます。

 

 

カルシウム不足だと太りやすくなる原因

 

脂肪の中にもカルシウムは蓄えられています。カルシウム不足になると、人間の体は脂肪の中のカルシウムも使おうとします。ところが、脂肪の中に蓄えられたカルシウムは、脂肪を増やす働きのあるカルシウムのため、カルシウム不足が脂肪を増やしてしまうのです。

 

また、カルシウム不足であるとミトコンドリアが働きにくくなってしまいます。ミトコンドリアは、脂肪や糖をエネルギーに変えているので、その働きが弱まれば、脂肪がたまりやすくなると考えられます。

 

カルシウムには、体温を調節する自律神経を整える働きもあるので、不足すると体温が下がりやすくなり、基礎代謝量も落ちてしまいますし、カルシウム不足でイライラするとストレス解消のために食べることで発散させる方も多いのではないでしょうか。

 

効率よくカルシウムを摂取しよう

 

カルシウム不足で太らないためにも、効率的にカルシウムを摂取するようにしましょう。カルシウムは、ポイントを押さえることで吸収率を上げることができます。

 

ビタミンDが大切

 

カルシウムの吸収率を上げると言われるビタミンDと一緒に食べると効率よく摂取できます。ビタミンDは、キノコ類や魚類に多く含まれていると言われています。また、ビタミンDは、日光を浴びることで合成されるので、ある程度日光に当たる生活を意識するようにしましょう。

 

マグネシウムの同時摂取

マグネシウムと一緒にカルシウムを摂取すると吸収率がアップします。豆類やアーモンドなどの種実類、干しエビなどに多く含まれていいます。

 

リンの取り過ぎに注意

リンの摂り過ぎは、カルシウム吸収を阻害すると言われています。インスタント食品や清涼飲料水などに多く含まれているので食べ過ぎには注意してください。

 

まとめ


いかがでしたか。骨粗しょう症だけでなく、ダイエットにも大切な鍵となるカルシウム。ダイエット中でもカルシウム不足にならないよう、食生活に注意するようにしてください。