ダイエットサプリメントの効果を疑っている人は多い

市場にはたくさんのサプリメントが出回り、ドラッグストアでは様々な種類のサプリメントが並んでいます。

Googleで「サプリメント 効果」で調べると、検索結果が約5千4百万件ものページが出てきます。しかし同じように「サプリメント 効果 なし」で調べると、約2千7百万ものページが出てきます。「サプリメント 効果」で検索したページ数の約半分です。

サプリメントの効果を期待している人が多い反面、その効果を疑う人も多くいます。なぜなのでしょうか。また本当に効果のあるサプリメントはどのように探せばよいのでしょうか。

 

 

ダイエットサプリメントは医薬品ではない

ダイエットサプリメントは医薬品のように強い効果はありません。

医薬品とは、病気の診断・予防・治療のための薬品のことです。病院で薬剤師から処方されるものから、ドラッグストアで手軽に購入できるものまで種類は様々です。病気を治療するような強い効果があるため、副作用のおそれなどもある薬です

対してサプリメントは栄養補助食品・健康補助食品という位置づけです。病気を治療するような強い効果はありませんが、その分副作用の心配も少ないです。

 

ダイエットサプリメントを飲む意味はないの?

ダイエットサプリメントには医薬品のような、早期の症状の改善は期待できません。しかしだからといって、まったく効果がないというわけではありません。

栄養バランスがととのった食事や生活習慣改善は多くの身体の不調や病気の診断・予防・治療に効果的です。サプリメントで栄養を補うことは、栄養バランスがととのった食事や生活習慣改善のサポートを行うことに繋がります。

つまり症状にふさわしいサプリメントを適量飲み続ければ、身体の不調の改善は期待できます。

 

よくあるサプリメントの勘違い

特定の成分さえ摂取すればいい

よくあるサプリメントの勘違いは、特定の成分を摂れば解決できるという考えです。貧血であれば「鉄分」を摂れば改善できるというような考えです。

確かに血液で鉄分が占める量は多いですが、貧血の改善のためには、血液の材料となるタンパク質や生成を促す成分など複数の栄養を摂らなければなりません。
サプリメントで貧血を改善したい場合は、自分の考えで購入するのではなく、かかりつけの医師に相談して選ぶほうがよいです。

 

アレルギーのことを考えていない

ダイエットに効果的だといわれる成分は様々ありますが、その中のキトサンはエビやカニなどの甲殻類に多く含まれる成分です。

このため人によってはキトサンによってアレルギーの症状が出ることがあります。

サプリメントの成分は、食品から抽出されるものがほとんどです。どんな食品から抽出されたのかよく調べれば、アレルギーが出そうなサプリメントを避けることができます。

 

栄養は食品から採った方がよい

バランスのよい食事をきちんと摂っているのであれば、多くのビタミンやミネラルは十分摂取できているといえます。わざわざサプリメントを飲む必用もないといわれています。

しかし偏った食事で栄養が十分に摂取できていない場合、多少はサプリメントで栄養を補ったほうがよいでしょう。

効果があるダイエットサプリメントの選び方は、毎日の食事ではカバーしきれない栄養を見極めることです。このため日ごろの食事を振り返り、不足している栄養は何かしらべましょう。

もしくは尿などで体外に排出されやすい、ビタミンCなどの水溶性のサプリメントであれば、副作用も少ないです。