フムス(ヒヨコ豆)を使ったダイエット法は海外でも人気

 

映画「セックス・アンド・ザ・シティー」を見た方もたくさんいらっしゃると思いますが、その中で主人公の一人、サマンサがホルモン補給のために食べていたものが「フムス」です。このフムスは、オシャレなニューヨーカーが食べているという設定で登場しているように、レディー・ガガやアン・ハサウェイ達などのヘルシー志向のセレブが食べている食べ物です。

 

ダイエット効果だけでなく、美容効果も高いと言われている「フムス」。今回は、この「フムス」についてご紹介したいと思います。

 

 

フムスとは?

 
フムスは、ひよこ豆をペースト状にした食べ物です。もともとは、中東地域で食べられている家庭料理です。ヒヨコ豆のことを中東では「フンムス」と呼んでおり、それが世界中に広がるにつれて「フムス」と言われるようになったそうです。

 

 

中東地域では、どこの家庭でも日本のご飯とお味噌汁のような感覚で食べられている伝統的な食べ物と言われています。

 

 

フムスの効果

 

ヒヨコ豆はクセもなく食べやすい豆で、植物性タンパク質が豊富です。代謝能力を高めるために必要な筋肉を作ったり骨を強くしてくれる効果が期待できます。

 

 

ダイエット中にはしっかり摂取しておきたい水溶性食物繊維、不溶性食物繊維がたっぷりで便秘予防にとても効果があります。

 

 

ヒヨコ豆には、女性にとってうれしいミネラルもたくさん含まれています。ビタミンB1、B6、亜鉛、鉄分、カリウム、葉酸などです。「セックス・アンド・ザ・シティー」の中でも美ボディメイクに積極的なサマンサが、食べていたことからも効果が高そうですね。

 

 

フムスの作り方

 

【材料】ヒヨコ豆(水煮)  400g
おろしニンニク   少々
しょうが      少々
レモン汁      大さじ2
練りごま(白)   100g
オリーブオイル   大さじ4
塩、コショウ    少々
水         50-100ml(状態を見ながら加減してください)

 

 

フードプロセッサーに、材料を入れてクリーム状になるまで攪拌します。状態が硬めだと感じるようでしたら、水を少しずつ入れて調節してください。

 

 

フムスダイエットのやり方

 

フムスでアレルギー反応を起こしてしまう可能性でもありますので、最初から大量に食べないようにしてください。

 

サンドイッチにはさんだり、クラッカーにつけて食べたりしますが、おすすめは、野菜スティックにフムスをディップとしてつけ、食べる方法です。夕食に置き換えダイエットとしても満腹感を得られやすいのでおすすめです。

 

ヒヨコ豆だけでなく、大豆や枝豆でも代用できますので、ヒヨコ豆が手に入らない時などは試してみてください。