間食防止にはお茶が効果的

口寂しさをごまかすのに最適なのは、お茶です。低カロリーでおいしく、また水筒に入れておけば持ち歩きに最適です。お菓子を一口でも口にしてしまうと、ついつい食べ続けそうになりますが、お茶であれば後味がすっきりするので甘いものを食べたい欲求も抑えやすいです。

 

今回はダイエット中におすすめのお茶をご紹介します。

 

ジャスミンティー・ルイボスティー・黒ウーロン茶

「ジャスミンティー」「ルイボスティー」「黒ウーロン茶」は、コンビニでも販売している有名なお茶です。

 

 

独特のジャスミンの香りが特徴的なジャスミンティーは、ビタミンCやビタミンEが含まれており、ダイエット効果より美容効果が有名なお茶です。美肌効果の他にも女性の悩みであるPMS(月経前症候群)にも効果があるといわれています。

 

 

ルイボスティーはノンカフェインで有名なお茶です。体内の水分を腸に集め、便を柔らかくする効果があります。この他ムクミや水太りなどを改善させる効果も期待できます。

 

 

脂肪吸収を抑えるお茶として有名な黒ウーロン茶。普通のウーロン茶に比べて、脂肪の吸収を抑えるポリフェノールが豊富に含まれています。胃に負担をかけるため飲みすぎには注意です。

 

 

コーヒー代わりにおすすめの「たんぽぽ茶」

コーヒーを飲んで口寂しさを抑えたいけど、カフェインが気になるという方は、たんぽぽ茶がおすすめです。ノンカフェインのお茶で、濃く煮だすとコーヒーと似たような風味があります。余分な水分排出を助けるカリウムも含まれており、身体のめぐりを良くする効果があります。また女性が気になる冷え性の改善も期待できるお茶です。

 

 

むくみが気になる人におすすめの「コーン茶」

とうもろこしでできたコーン茶は、とうもろこしの実でできているわけではありません。とうもろこしの先から出ている根のように長いヒゲから煮だしたお茶です。カリウムや鉄分などのミネラルが含まれており、余分な水分の排出を助けます。ルイボスティーやジャスミンティーのような独特な風味が苦手という人でも、飲みやすいあっさりとしていてほのかな甘みがあるお茶です。

 

 

内臓脂肪への効果が期待できる「エノキ茶」

エノキに含まれるエノキタケフェノール酸には、内臓脂肪を減少させる効果があります。外出先でもエノキの効果を得たい人には、エノキを乾燥させて作れるエノキ茶がおすすめです。
エノキ茶は、手作りすることができます。エノキを天日干しか電子レンジで乾燥させ、煮だすだけでエノキ茶は作れます。作るのが面倒な人には、ネット通販で販売もされています。